マッチングアプリは“職場婚”に比べ成約期間が1/3「結婚を最短で考えるなら出会い方が大事」と識者

アイキャッチ画像

マッチングアプリ「Omiai」を運営するOmiaiは3日、同サービスを通じて結婚したカップル(Omiai婚)と職場での出会いから結婚したカップル(職場婚)の結婚までの期間を調査し、Omiai婚は職場婚に比べて約1/3の期間で結婚していることが判明した。同社はこの調査結果をもとにチラシを作成し、本日4月3日(水)より渋谷マークシティで配布する予定。

調査は、マッチングアプリ「Omiai」で出会い結婚した会員40名と職場恋愛を経て結婚した方51名、計101名の方を対象に、インターネット調査が行われ、結果として、職場婚の出会いから結婚までの期間の最多は「5年以上」であったのに対し、Omiai婚は「1年3ヶ月〜1年9ヶ月」が最多であり、Omiai婚は職場婚の約1/3の期間で結婚していることが明らかに。

「結婚までの期間」の内訳については、Omiai婚が「1年3ヶ月〜1年9ヶ月」で最多、職場婚が「5年以上」が最多だった。なお、幸せ度に関する質問については、Omiai婚の97.5%が7点以上を付け、全体的に高い幸せ度が示された。一方、職場婚は7点以上が約7割となった。理由としては「価値観が非常に合う。お互い見た目も好み。( 20代女性)」「自分がとても相手のことを好きだから。(30代男性)」といったコメントが寄せられていたという。

本調査に際し、恋愛メディア『マッチアップ』編集長の伊藤 早紀氏は「本調査についてアプリを使って出会う方たちは、「結婚相手としてどうなのだろうか」という理想の未来から逆算してお相手を考えて婚活をして、さまざまな異性と比較検討しながらお相手を探しているため、一時的な感情に流されにくく、 結果として結婚後も自分たちの思う理想のパートナーとして関係性を築きやすい」と考察。調査を通じて「結婚を最短で考えるなら「出会い方」が大事ということがわかった」と講評を寄せた。

“出会いから結婚までの期間”における「ライフスタイルに関するアンケート」
調査主体:株式会社Omiai
調査方法:Omiaiで出会った方と結婚した方へのインターネットリサーチ
調査対象:Omiaiで出会った方と結婚した全国の男女
調査期間︰2024年3月5日~2024年3月11日
調査人数(有効回答数):40名