Galaxyの大画面タブレット「Tab S9」から廉価モデルが登場 約7万円〜

アイキャッチ画像

サムスン電子は12日、同社のGalaxyブランドからの新商品として廉価モデルのタブレット「Galaxy Tab S9 FE」を日本国内向けに10月19日(木)に発売することを発表した。グレー/ミント/ラベンダーの3色展開となり、価格は68,799円から。

Galaxyブランドでは通常製品比で性能を抑えることで低価格を実現した「FE」シリーズが用意されており、今回の「Galaxy Tab S9 FE」は本年投入されていた「Galaxy Tab S9」の廉価モデルという位置づけで展開される。

最大90Hzリフレッシュレートに対応する約10.9 インチディスプレイと8,000mAhの大容量バッテリーを備え、大画面でのエンターテイメントを楽しむことができるほか、上位モデル同様にIP68の防水防塵にも対応。また、世界シェア1位のモバイルデバイスブランドであることを生かした、エコシステムにも対応しており、ドラッグ・アンド・ドロップで写真やファイルをシームレスに転送できるなど仕事面でも有用だとしている。

さらに、Galaxyシリーズ共通のスタイラスペン「Sペン」による操作も可能で、スケッチを始めとしたお絵描きから授業ノート等のアカデミック用途にも対応している。なお、本商品の発売記念キャンペーンとして製品購入で次回以降に使える7,000OFFクーポンの配布が10月31日まで実施されるとのこと。

Galaxy Tab S9 FE (Wi-Fi)
サイズ(高さ×幅×厚さ):約 165.8×254.3×6.5mm
重量:約523g
ディスプレイ(:約 10.9 インチ, LCD(最大 90Hz)
オーディオ:Dual Speaker by AKG, Dolby Atmos®
カメラ:リア 約 800 万画素/フロント 約 1,200 万画素(超広角)
SoC:Exynos 1380
メモリ/ストレージ:6GB + 128GB
バッテリー容量:8,000mAh
防水防塵:IP68
付属品:S ペン(Bluetooth LE 非対応)/イジェクターピン/USB ケーブル(CtoC)/取扱説明書