集英社、AIを活用したマンガ推薦サービスを提供へ 横槍メンゴ氏デサイン×CV.伊藤美来の“AI司書”が登場

アイキャッチ画像

集英社が、読者に新たなマンガとの出会いを提供するAI対話型マンガレコメンドサービス「DEAIBOOKS」を4月25日に開始するとを発表した。

「DEAIBOOKS」は、マンガ人生に良い出会いをテーマとしたAI対話型のマンガレコメンドサービスとして、少し未来のマンガ図書館を舞台に、AIの司書見習いキャラクター「会原ぴたり」が利用者との会話を通じて、その人の趣味嗜好に合わせた最適なマンガとの出会いを提供する。現在は4月25日のサービス開始に向けてティザーサイトが公開されている。

「DEAIBOOKS」は集英社からデジタル版が配信されている新旧さまざまなマンガを取り扱う。所蔵タイトルは5,000作品以上で、豊富なラインナップの中から、利用者にとって最適なマンガと出会えるようにお手伝いしてくれる。新刊情報も毎月追加され、オススメされたマンガはその場で試し読みすることも可能になるという。

サービスのメインキャラクター「会原ぴたり」のキャラクターデザインを横槍メンゴ氏、キャラクターボイスを伊藤美来さんが担当。また、サービス開始を記念して、「X」(旧Twitter)のアカウント「集英社マンガ公式」にて、対象ポストをリポストすると、4月25日のサービス開始当日に「会原ぴたり」から電話がかかってくる一風変わったキャンペーンも行われている。

(C)SHUEISHA INC. ALL RIGHTS RESERVED.