【特集一覧】最新ガジェットから独占取材まで!
オタクに捧ぐ公式Twitter、始動(告知バナー)

【千円台】左利き用の無線多機能マウスの安くて良いヤツ、見つけました。

絶滅危惧種でお馴染み左利きマウスで1300円なのに無線・多機能なヤツ、見つけましたので当記事にてご紹介します。全国の10%の左利きにお勧めします。
【ご注意】
マウスは特に個人差の激しい商品で、使いやすさは人それぞれです。
個人差があることを承知の上記事をお読みになり、実際に店舗で試すのが最適であることをお忘れないようにお願いします。

絶滅危惧種「左利き多機能マウス」

本記事での「多機能」とはDPI可変・ブラウザバック/進むキーを最低限備えた疲れにくい商品のことを指します。なのでゴリゴリゲーミング!キー割り当て!みたいな商品ではないことをご了承下さい。
左利きのトラックボールマウスはサンワサプライさんが唯一出してました。

秋葉原で探し回るも1つも無い。

先月秋葉原の「ツクモ本店」「ヨドバシアキバ」「ソフマップ」にて左利きの多機能マウスありませんか…と聞いたり自分で見たりした結果一つも左利き専用が無いことが判明。他の諸用のついでとは言え45分探し歩いた私は途方に暮れアキバのゲマズ横で売ってたいちご大福を食った(要らぬ報告)

右利き用・両用を左利きが使うと手が痛い

ただ、左右両用ってのはもちろんあるんですよ。あるにはある。だが結構手が痛くなるんや…

以前はロジクールの左右両用タイプマウスM325を使っていたのですが、長時間使うと結構手が痛くなる。一応、マウスの左クリックと右クリックを逆にする機能はWindowsでもあることにはあるのですが、デバイスレベルで対応してほしいのが本音です。

実際に買った”1300円”マウス

実際にかった商品は以下の物です。価格は1,380円。無線が有線より安いという謎現象。

一般的な事務用のマウスとは異なり奇形ですが、疲れにくいタイプとのこと。評価は★3.3と高くもなく低くもなく。マウスは実際に試したが良いってことが分かりますよね?

実際に届いたのですが若干予想していたことが的中し、日本語が怪しい中華製でした。ですが中華製が粗悪品である可能性は高いもののAmazon倉庫(プライム速達)発送品だったのでそのまま続行。実際に使ってみた感じ「悪くない。いいじゃん」となりました(笑)

使い心地はThe 最高

単4電池・2本で駆動し、重量は非常に軽い。電池を積んでも単行本1冊と同じ程度の軽さです。一般に以下のような感じで利用します。

  • 親指 … 戻る・進む
  • 人差し指 … 左クリック(右配置)
  • 中指 … 右クリック(左配置)

人によるのですが、筆者は手を包み込んでマウスをホールドしたいタイプで、ベストマッチでした。

左クリックは左、右クリックは右でなれている人は最初の1日は若干手こずったり相性が悪かったりしますが結構早い段階で慣れてきます。

カチカチ音は大きめ

クリック音は以下の動画の通りカチカチと大きい所感ですが、M325と同じくらいと思っていただければ。

あと、筆者は全く期待もしていなかったことなのですが側面が光る!と説明にありますが実際は光学式ライトが漏れているだけなので注意して下さい。こういう微妙にダサい光り物、辞めてくれませんかね。電池残量が確かめられない(=ロジクールの奴は見える)のも注意です。

ざらつく机・透明な机だと×

良い点ばかりでもなく、最後に注意。ざらついた机上での使用は辞めたほうが良いです。カーソルがなめらかに動かずイライラします。

光沢のある素材や透明な素材の上での読み取り感度が低いという欠点がありますが、トラッキング精度は高めです。(ELECOMさんより)

光学式の特性を知らないかったり、運が悪かったりすると↓の方みたいになりますのでその点だけ注意して下さい。

結論=1300円なら買い。かも

  • マジで店舗で試せないよね。左利き地獄
  • これで1300円なら破格。右利きでもこのホールドタイプは2000円以上するのに左利きの付加価値付きで最高。
  • ザラザラ・透過の机ならマウスパッド購入必須

総合的に割とマジで買いでした。マウスは本当に個人差のある商品です。筆者の言及した内容が必ずしも閲覧者の皆様に該当する保証はないので悪しからず。

ザラザラ机問題があったので恋アスのマウスパッドを購入しました。メルカリShopという公式通販にあり、貼り付けるタイプでかさばらないので是非!

コメント

タイトルとURLをコピーしました