史上最安“定価6.3万円”の折りたたみスマホ「Libero Flip」登場 ワイモバ専売でさらに値引き、4万円切りの大特価

アイキャッチ画像

ソフトバンクは19日、ワイモバイルブランド初となる5G対応の折りたたみスマートフォン「Libero Flip」を2月29日に発売すると発表した。ワイモバイル専売で本体価格は6万3,000円で、折りたたみスマホとしては全世界を見渡しても“史上最安”となっている。

Libero Flipは、ZTE社製造の折りたたみスマートフォンとして、約6.9インチの大画面ディスプレーを搭載しながらも、手のひらに収まるコンパクトなデザインが特長。さらに、約1.43インチの丸型サブディスプレーが背面に搭載されており、折りたたんだ状態でも通知を確認したり、電話に応答したりすることが可能となっている。

折りたたみスマホの”入門”にピッタリ。8万円切りで買える格安スマホ「razr 40」の実力を試す

カメラは約5,000万画素と約200万画素のデュアル構成となっているほか、約1,600万画素のインカメラを搭載し、本体を折り曲げて自立させることでスタンドなしで撮影することもできる。さらに、ジェスチャーでタイマー撮影ができる機能も搭載。

通常販売価格は6万3,000円と前述の通り史上最安クラスだが、ワイモバイルへの新規契約またはのりかえ(MNP)で料金プラン「シンプル2 M」「シンプル2 L」に加入した場合、機種代金からさらに2万3,200円割引され、3万9,800円で購入できる。さらに、ワイモバイルで「Libero Flip」を購入し、専用ページから応募した購入者全員には、2,000種類以上のデザインから選べるリング付き専用ケースが無料でもらえる。本日19日より予約受付がスタートしている。

「Libero Flip」製品情報

サイズ:約W76×H170×D7.3mm(開)・約W76×H88×D15.5mm(閉)
重量:約214g
バッテリー容量:4,310mAh
OS:Android™ 13
SoC:Qualcomm Snapdragon 7 mobile platform Gen 1
ROM / RAM:128GB / 6GB
SIM:nanoSIM / eSIM(対応バンド:ソフトバンク系列のみ)
ディスプレイ:メイン約6.9インチ・サブ約1.43インチ
カメラ:約5,000万画素 + 200万画素(深度)
その他:おサイフケータイ・NFC・IP42防水防塵
発売日:2024年2月29日発売
製造メーカー:ZTE Corporation