ソニーG子会社のアニメ専門放送局「アニマックス」「キッズステーション」ノジマに売却へ

アイキャッチ画像

ソニーグループ(ソニーG)子会社のソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)は19日、アニメ専門放送局を運営するアニマックスブロードキャスト・ジャパンとキッズステーションをノジマ子会社に売却することを発表した。

SPEJは現在保有する両社の株式と従業員を新会社設立を通じて、株式会社ノジマの連結子会社であるAXN株式会社が100%出資するAKエンタテインメント株式会社へ譲渡する。AKエンタテインメントの譲り受ける株式はアニマックスの発行済株式66%とキッズステーションの発行済株式67%が対象となる。取引の完了は2024年4月1日を予定している。

発表に際し、双方の親会社2社は取引に至った理由を声明で公表しており、SPEJ側は「SPE(本社・米国)によるグローバルでのネットワーク事業ポートフォリオの見直しの一環」と、ノジマ側は〈3チャンネルを有する同社の放送事業に加わることで、拡大するアニメ市場と次世代を担うこどもの知的好奇心を育む事業展開を目指す〉ためと説明した。なお、アニマックスブロードキャスト・ジャパンに関して、本年3月に実施予定のイベント群に対する影響は取引完了前につき問題ないと見られている。