『鬼滅の刃』「柱稽古編」2024年春放送決定 早くもアフレコ裏話を語るキャスト陣…花江夏樹は「来年も全集中!」と意気込み

アイキャッチ画像

12月10日(日)夜に実施された『鬼滅の刃』のライブ配信「プロモーションリール2024」にて、新作TVアニメ『鬼滅の刃』「柱稽古編」が2024年春に放送されること明らかになり、世界各地で上映イベント〈ワールドツアー上映「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ〉の開催も発表された。

新情報の発表後、同日23時からは動画配信サービスの「ABEMA」にて特別番組『鬼滅テレビ -THE WORLD-』が実施され、竈門炭治郎役の花江夏樹さん、竈門禰豆子役の鬼頭明里さん、我妻善逸役の下野紘さん、嘴平伊之助役の松岡禎丞さん、時透無一郎役の河西健吾さん、胡蝶しのぶ役の早見沙織さんが出演し、新情報の数々を振り返った。

下野紘、気合いが入りすぎて…!?「柱稽古編」のアフレコ裏話も

まずは、新章「柱稽古編」の放送時期が2024年春に決定したことと、第一話は一時間スペシャルで放送されることへの話題になり、同作のアフレコ現場の雰囲気を聞かれた早見さんは「ゾクゾクします。もう大人数で収録できるので、柱の面々がずらっと椅子に座っているだけで、ちょっと痺れますね」と、圧巻されたことを告白。また、合同で収録できるようになり、初めて本作のアフレコで一緒になるキャストもいたという花江さんは「本当に炭治郎が喋ってるんだ」と感激されたことを明かし、笑いを誘う。

さらに下野さんが「刀鍛冶の里編」であまり出番がなく「柱稽古編」を心待ちにしていたという当時の心境を語った後、アフレコの際に「すいません下野さん。ちょっと落ち着いてもらっていいですか」と指摘されたことを明かし、スタジオは大きな笑いに包まれた。

また、日本を含め10の都市をめぐる舞台挨拶の開催が発表された『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ』の話題に移ると、本年2月開催の「ワールドツアー上映」に出演した花江さんは、当時を振り返り「熱気が凄まじくて、離れたところからでも『鬼滅の刃』が大好きなんだって実感できて、今後自分が頑張るエネルギーになりました」とコメント。

また、「刀鍛冶の里編」第十一話から「柱稽古編」第一話が続けて上映されるということで、河西さんは「受け取ったバトンを次に繋げていけるっていう、一瞬、肩の荷が降りたかなってところもあって、早く次が見たいなって気持ちは大きいですね」と「刀鍛冶の里編」を終えての率直な心境を語った。

キャスト陣からファンへメッセージ

番組内ではこのほかコンサートイベント『鬼滅祭~アニメ伍周年記念祭~』『オーケストラコンサート~鬼滅の奏~刀鍛冶の里編』の開催など、最新情報が続々と解禁され、来年4月に発売されるゲーム『鬼滅の刃 目指せ!最強隊士!』の体験プレイコーナーも展開。あっという間に番組は終わりの時間が近づき、最後にファンへ向けてそれぞれからメッセージが届けられた。

早見さん:「どんどん広がっていく『鬼滅の刃』に、私も精一杯力を込めてやっていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします」

河西さん:「世界に向ける“ジャパニメーション”に参加させていただけて本当に嬉しいなと思います。我々と一緒に『鬼滅の刃』、楽しんでください。」

松岡さん:「来年も“鬼滅イヤー”ですよ!猪突猛進!」

下野さん:「スタートからもしかしたら耳を塞ぎたくなるような大絶叫が流れるかもしれませんが、柱稽古編で久しぶりに善逸、そして伊之助も登場しますので、是非ともそちら含めてご覧いただけたらなと思います」

鬼頭さん:「『鬼滅の刃』は、規模が大きいことを常にやっていて、それに私も参加させていただいたり、ファンの皆さんと一緒に楽しむことができて幸せだなと改めて思いました。これからもぜひぜひみんなで一緒に、『鬼滅の刃』を楽しみましょう」

花江さん:「来年のアニメ放送に向けて楽しみなプロジェクト目白押しで、また“鬼滅イヤー”になるんじゃないかなってワクワクしております。日本の隊士の皆さんはもちろん、世界中の鬼殺隊の皆さんにご協力いただいて、一緒に『鬼滅の刃』を盛り上げて、一緒に鬼舞辻無惨を倒そうぜ!来年も全集中!」

 

特別番組『鬼滅テレビ -THE WORLD-』
日時:2023年12月10日(日)夜11時~夜24時
配信:ABEMAアニメチャンネル
https://abema.tv/video/episode/218-656_s1_p1
出演者(※敬称略・順不同):花江夏樹、鬼頭明里、下野 紘、松岡禎丞、河西健吾、早見沙織
MC:高橋祐馬(アニプレックス)