年末開催のコミケ、ビッグサイトフル稼働で各日十数万人の参加見込む サークル数は“過去最大”の見通し

アイキャッチ画像

12月30日(土)〜31日(日)まで東京ビッグサイトにて開催が予定されている大規模即売イベント「コミックマーケット103」について、主催のコミックマーケット準備会が開催詳報を公表した。

夏と冬の年2回開催される大型同人誌即売会「コミックマーケット」。本年夏に開催されたコミックマーケット102(C102)では、直近数年の新型コロナウイルスによる制約が大幅に緩和され、来場者制限が撤廃に。1日目・2日目ともに参加者数は13万人を記録、合計26万人が参加した。

そして年末恒例となるコミックマーケット103(C103)の参加について、準備会は「具体的には、総来場者数について、1日あたりの上限は設けず、午後も継続的に一般参加者の入場を行い、一般参加・サークル・その他を合わせて1日あたり10数万人の来場を予定しています。」と発表。なお、会場内の安全確保を目的とした来場対策は徹底するとしている。

また、会場についてはC102と同様に西ホール(4F)と南ホールが企業エリア、東ホールと西ホール(1F)がサークルエリアになる見込みなほか、前回はコスプレエリアとしていた「東7」もサークルエリアになるという。これにより、2日間でのべ2万6千スペースのサークルが配置可能になり、初日は開催史上最大のサークル参加数になることが明かされた。

このほか、前回のC102において発生していた、午後入場リストバンド型参加証の会場外の当日販売窓口が混雑し待ち時間が長くなってしまったトラブルへの対策として、当日価格の改定を行うことも明らかに。各種カタログ等のさらなる詳細は後日発表される予定。