電通、NFTを活用したファンづくり・ロイヤリティ形成を目指す実証実験「絵師コレクション」を発表

電通、NFTを活用したファンづくり・ロイヤリティ形成を目指す実証実験「絵師コレクション」を発表

電通、NFTを活用したファンづくり・ロイヤリティ形成を目指す実証実験「絵師コレクション」を発表

電通グループ傘下のR&D組織・電通イノベーションイニシアティブは23日、NFTを活用した新たな「ファンづくり・ロイヤルティ形成」を模索・創造する実証実験「絵師コレクション」の提供を発表した。

 

「絵師コレクション」は株式会社Soudan NFT・株式会社灯白社・オシロ株式会社・シビラ株式会社の5社共同の実証実験の第1弾として、Web3時代に向けたエンタメコンテンツ領域における新しいファンエコノミーを模索する取り組みの一環で発足した。

本プロジェクトの発足について電通は「エンタメ業界において、ファンが消費者としてだけでなく自発的に生産にも参加するという”ファンの自律的な応援活動がエンタメコンテンツの成長に必要不可欠”になっている」との背景があると説明している。

 

「絵師コレクション」では、参加するイラストレーター(絵師)とファン、ファン同士の価値共創を通じて、ファン活動における新しいロイヤルティ形成の一環として、応援・貢献に応じて活動実績を表彰する実績証明NFTを配布する。そして、配布した実績証明NFTを軸に、クローズドチャンネルへの参加やコミュニティで制作して出品したイラストのオークション報酬の使用方法への投票など、多様なユーティリティが還元が行われる予定だという。

そして、今回の「絵師コレクション」では、タツノコプロの創立60周年を記念し、同社が誇る人気キャラクター「ドロンジョ」を用いることも合わせて発表されたほか、暗号資産の技術的な障壁を極力排除するために「NFTに不慣れな利用者にも使いやすいUX」の提供も行うとのこと。

本プロジェクトへの参加にはSoudanNFT公式Twitterアカウントより配布される「メンバーシップNFT」の入手が必要で、3月31日まで開催中。

「絵師コレクション」:開催期間:2023年1月23日(月)18時~3月31日(金)(予定)
URL:https://eshi-collection.com/

           

文化・ネットカテゴリの最新記事