AIで2次元キャラを生成するサービス開始!

【軽量/シンプル/高機能】最強Markdownエディタは「Typora」だ!&画像の自動アップロード設定方法

Linux
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。今日は私が普段使ってる最強Markdownエディタ「Typora」を紹介します。

ダウンロードは以下から。Win/Mac/Linux両対応です。

基本機能

基本的な操作はMarkdownと同じです。

****で太文字、- で箇条書き…といった。詳しいMDIAPPの書き方はQiitaを見たがいいです。

右クリックメニューが非常に豊富で、HTMLとして、平文としてコピペが行えたりと細部まで作りこんであり使ってて全く苦になりません。

また、MDで書いて開業すると自動でプレビューしてくれるので非常に使い勝手が良いです。こんな感じ↓

各種ショートカットも使えます。(Ctrl+Bで太字とか…)

画像を自動アップロードする

このエディタはなんと画像の自動アップロードを行ってくれます。

一応イントラネットに公開されるので機密文書は控えたがいいですがバックアップをとれるのは良いですよね。

多少めんどくさいですが我慢してください…

機能を有効化

画像タブでWhen InsertをUpload Imageにして、Downloadを押下。

会員登録

以下サイトのアップローダーに会員登録してください。

登録が終わってログインしたらダッシュボードに行ってAPIトークンを生成します。

コピーをとっておきましょう。

Uploaderをインストール

うpろだ設定をおこないます。

NPMを使うのでNode.js環境をインストールしてない人は適宜してください。

以下のコマンドを入れます。

npm install picgo -g
picgo install smms-user
picgo set uploader smms-user

最後のコマンドを入力したときにAPIキーを求められるんでさっきのやつを入力してください。

最後に以下のコマンドを

picgo use uploader

その際に選択を要求されるのでsmms-userを選択。これでOKです。

以下のようにできます。

以上高機能MDで書いてエディタでした。参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました