Twitter、月額課金で誰でも認証バッジが貰えるように 従来のバッジと見分ける方法とは

Twitter、月額課金で誰でも認証バッジが貰えるように 従来のバッジと見分ける方法とは

Twitter、月額課金で誰でも認証バッジが貰えるように 従来のバッジと見分ける方法とは

Twitterの有料サブスクリプションサービス「Twitter Blue」の機能として「認証バッジの付与」が新たに追加された。現在は日本での加入はできないものの、AppStoreやVPNなどを駆使することで加入できるという報告が寄せられている。

従来は申請を行い承認されたアカウントのみ付与されていたが、イーロン・マスク氏によるTwitter買収の影響もあり、今後は「Twitter Blue」加入者は全員自動的に認証バッジが付与されるようになる。

認証バッジを得たアカウントは検索結果やリプライ・@ツイートなどで上位に表示されたり、新設された通知タブに振り分けられたりといった優遇が適用されるという。

また、Twitter Blueによって認証バッジが付与されたアカウントと、以前から付与されていたアカウントとはプロフィールから見分けることが可能。

以前の承認制の頃に付与されたアカウントでは、プロフィールページの青い認証バッジをクリックすると「このアカウントは、政府、ニュース、エンターテイメント、または他の指定されたカテゴリーにおいて注目されているため、認証されています。」と表示される。

一方でTwitter Blueによって認証バッジが付与されたアカウントは「このアカウントは、Twitter Blueに登録しているため認証されています。」という表示になる。(英語表示の場合もある)

           

ネット文化・サブカルカテゴリの最新記事