『転スラ』2.5次元舞台で“満足できなければ全額返金”保証付きプランを導入「観劇のきっかけづくり」目指して

アイキャッチ画像

DMM.comの演劇レーベルであるDMM STAGEは23日、「全額返金保証付きチケット」の試験導入を本年7月より上演予定の「舞台『転生したらスライムだった件』-魔王来襲編&人魔交流編-」にて行うことを発表した。

「全額返金保証付きチケット」はその名の通り、観劇後に作品に満足できなかった場合、購入金額を全額返金する保証制度が付帯したチケット。DMM STAGEは導入の背景について、演劇の敷居が高く感じてしまう人や、観劇の初体験者に対するチケットの高額さという問題への対応が挙げられるとしており「満足できなかった場合でも、観客の率直な意見を集めることで、より良い作品作りにつながる」「多くの人に演劇の魅力を伝えるきっかけとなれば、業界全体にとって有意義な取り組みとなる」との考えで提供に至ったと説明している。

「全額返金保証付きチケット」の対象席数は100席で、対象席種はスタンダード8,800円(税込)。返金保証は、作品に満足できなかった場合に限り、返金申請を行い、全額返金を受けられる。詳細は後日公式サイト及び公式Xで案内予定で、チケットの受付は6/22(土)から。

対象となる「舞台「転生したらスライムだった件」-魔王来襲編&人魔交流編-」は『転生したらスライムだった件』シリーズの舞台化作品第2弾として、2024年7月、8月に東京と大阪で上演予定。脚本と演出は、第1弾に続き、舞台「東京リベンジャーズ」や舞台「ブルーロック」などを手掛けた伊勢直弘が担当し、主人公・リムル=テンペスト役は尾木波菜(≠ME)が務め、新キャラクターとしてシュナ役に石田千穂(STU48)が加わる。