少女たちの“咲き誇る”姿を圧巻のアクションで熱演!舞台「スパイ教室」開幕【ゲネプロフォトレポート】

アイキャッチ画像

『スパイ教室』シリーズ初となる舞台化作品である舞台「スパイ教室」が本日1月20日(土)〜28日(日)まで銀座博品館劇場(東京都中央区)で開催中。開演に先立ち、本作のゲネプロ公演が上演前日に行われた。

『スパイ教室』とは2020年よりファンタジア文庫(KAKDOKAWA)より刊行され、シリーズ累計発行部数135万部を突破している、竹町による人気ライトノベル。2023年1月~3月にTVアニメ1st seasonが、同年7月より2nd seasonがそれぞれ放送されており、アニメ放送後の同年10月に今回の“2.5次元”舞台化が発表されていた。

本作は各国が”影の戦争”を繰り広げる世界を舞台にしたスパイアクション作品として、“世界最強”と称される敏腕スパイ・クラウスが死亡率九割を超える《不可能任務》を専門とするチーム「灯」を創設することから始まる。銀髪の少女・リリィはそんな「灯」のチームメンバーに選出されたものの、自身含めメンバーはみな養成学校で“落ちこぼれ”とみなされた少女ばかりである事実に直面する。この現状に危機感を抱くリリィたちは後日、クラウスより「僕を倒せ」という実戦形式の訓練を言い渡され、遂には《不可能任務》も任せられることとなり…というストーリーが展開される。

作品とマッチした舞台ならではの臨場感

8日間にわたり全13公演が予定されている本舞台では、そんな原作やアニメのストーリーを踏襲しつつも、単独公演で完結する脚本が組まれており、舞台ならではの臨場感と2.5次元ならではの高い再現度とが相まって、“新たなスパイ教室”を感じさせるような100分間が繰り広げられていた。

キャストについては、本作で中心的に描かれるチーム「灯」の面々やその周辺キャラクターを舞台経験豊富な役者陣が熱演。特に、スパイ「クラウス」を演じる蓮城まことさんは女性の役者であり、男性声優が演じていたアニメとはまた一風変わった魅力を引き出している。

演出面においては“1ステージで物語が進行する”という舞台の特性上、映像や漫画といったメディアよりも表現方法が限られる…のかと思いきや、場面転換を有効活用した演出の数々に驚かされたり、プロジェクションマッピングと役者のパフォーマンスを組み合わせたアクロバティックな戦闘シーンが展開されたりと目を見張る一幕が多数見受けられた。

キャストが意気込みと魅力語る

そんな原作ファンこそ、生で見て欲しい本舞台が20日に開幕するにあたり、ゲネプロの上演日にはキャストによる舞台挨拶を開催。リリィ役・横山結衣さん、エルナ役・佐倉初さん、ティア役・石井陽菜さん、クラウス役・蓮城まことさんが出演し、本舞台への意気込みと見どころポイントが届けられた。

佐倉さんは「私がスパイになるなんて!というのが一番の感想」「エルナは一番成長を見られると思っているので、自身がその成長を演じられたら」と期待感を誘いつつ、見どころについては「一見『エルナいないかな?』というシーンでも、どこかに居るかもしれないので、もし見つけられたら大吉です!」とコメント。一方の石井さんは「ティアちゃんは色欲を特技とするキャラクターなので、妖艶に格好良く演じます」「この作品のキャストで良かった、と思える役作りをする」と強く意気込んだ。

そして、蓮城さんは「マンガもアニメも小説も見た」ことを振り返りつつ、アクションシーンなどのキレキレのお芝居を通じてスパイの少女たちが輝き“咲き誇る”姿を見てほしいと語った。最後に主人公のリリィを演じる横山さんは、本舞台が自身として初の2.5次元&初のアクション作品という新たな挑戦に挑んだことを明かした上で、天真爛漫なリリィの“底抜けの明るさ”が見どころとコメントした。

舞台「スパイ教室」は1月28日(日)まで銀座博品館劇場にて開催中。チケットは各公演日前日まで【先着先行】にて3形態にて販売され、U18(18歳以下)が対象の学割チケットも用意されている。休演日等の公演スケジュールは以下表、もしくは公式サイトを要参照。

公式サイト:https://spyroom-stage.com/
公式X(旧Twitter):@spyroom_stage
©舞台「スパイ教室」製作委員会