2024年冬アニメ、初速ランキングをニコ動が発表 『ダンジョン飯』など上位に“ご飯モノ”並ぶ結果に

アイキャッチ画像

ニコニコは12日、2024年1月より順次配信が始まっている「冬アニメ」の初速アクセスランキングを公表した。

本ランキングでは新作冬アニメを対象に、ニコニコが運営するアニメ情報ページ「Nアニメ」における作品別アクセスに基づき集計されている。結果、現時点でもっともアクセスされている作品に『ダンジョン飯』が挙がった。

料理系並ぶTOP3

原作は2014年から2023年にかけて漫画雑誌「ハルタ」 (KADOKAWA)で連載された同名コミック『ダンジョン飯』(著者: 九井諒子)で、累計発行部数は1000万本を突破し、数多くのマンガ賞を受賞している。古典的な迷宮探索ファンタジーの世界を舞台に、ダンジョン内のモンスターを中心とした生態系やそこに住まうモンスターを食材としてしまう冒険者たちを描く。単なるダンジョン攻略と料理を組み合わせるだけに留まらない魅力が往年のRPGファンから若い読者まで多くの心を掴んでいる。

【原作】九井諒子(「ダンジョン飯」/KADOKAWA刊)
【アニメーション制作】TRIGGER
【放送】2024年1月4日(木)より全国28局にて連続2クール放送開始
【配信】Netflixほか各配信サイトにて2024年1月4日(木)22:30より地上波同時配信開始

次いでアクセス2位には『姫様”拷問”の時間です』が並んだ。原作は、2019年から漫画雑誌『少年ジャンプ+』(集英社)で連載中の同名コミック『姫様”拷問”の時間です』(原作:春原ロビンソン / 作画:ひらけい)として、2020年の「次にくるマンガ大賞」WEBマンガ部門では2位に選出されていた。作中では、魔王軍によって囚われの身となった姫様が美味しい食事などを容赦なく突きつけられるという“拷問”に打ち勝とうとする姿が描かれ、物騒なタイトルとは裏腹に、思わずほっこりする癒しの異世界コメディ。

1月8日(月)に放送された第1話では「トースト」「深夜のラーメン」などが登場し、できたてを感じさせるアニメーション映像と白石晴香さん演じる姫様による食レポが飯テロであるとして、初回放送時にはXで“飯テロ”がトレンドワードに挙がっていた。

【原作】春原ロビンソン・ひらけい(集英社「少年ジャンプ+」連載)
【アニメーション制作】PINE JAM
【放送】2024年1月8日よりTOKYO MX、BS11、関西テレビにて放送開始
【配信】ABEMAにて1月8日(月)より毎週24時00分〜地上波同時・見放題先行配信開始

奇しくも1位2位と料理モノが続いた中、第3位にランクインしたのは『悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~』。投稿サイト「小説家になろう」連載のライトノベルを原作とするいわゆる“なろう系悪役令嬢”作品として、2019年には書籍化、2020年からはコミカライズも行われた。乙女ゲーム『ヒカユウ』の悪役令嬢で魔王を倒したあとに登場する裏ボス・ユミエラに転生してしまった主人公は、目立たず生きていこうと決意するものの、前世のゲーマー魂に火が付き、うっかり世界最強になり、周囲に混乱を巻き起こしてしまい…というファンタジーラブコメとなっている。

【原作】七夕さとり 『悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~ 』(カドカワBOOKS刊)
【アニメーション制作】寿門堂
【放送】2024年1月9日(火)よりTOKYO MX 毎週火曜 24:30~放送開始
【配信】ABEMA、dアニメストアにて地上波同時・最速配信開始

ランキングTOP10一覧

┃2024年冬アニメ アクセス初速ランキング
1位 ダンジョン飯
2位 姫様“拷問”の時間です
3位 悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~
4位 魔法少女にあこがれて
5位 外科医エリーゼ
6位 佐々木とピーちゃん
7位 道産子ギャルはなまらめんこい
8位 愚かな天使は悪魔と踊る
9位 ぽんのみち
10位 最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。