「エラーゲームリセット」5日正午にサービス終了 メーカーの垣根を超えて“名作”を擬人化

アイキャッチ画像

セガによるスマートフォンアプリRPG「404 GAME RE:SET -エラーゲームリセット-」が1月5日(金)正午をもってサービスの提供を終了した。

「404 GAME RE:SET -エラーゲームリセット-」はセガがiOS/Android向けに2023年4月25日にリリースしたスマートフォン向け新作シューティングライクRPG。本作の大きな特徴として“メーカーの垣根を超える”ことが挙げられ、「アフターバーナー」「バーチャファイター」を手掛けるセガを中心に、バンダイナムコエンターテインメントやタイトーなどゲーム業界の大手が手を組むタイトル展開が行われることが注目を集め、サービス開始前の事前登録は25万人を突破していた。

実在ゲームメーカーが生み出した電脳世界を舞台に繰り広げられる本作は“名作ゲームを擬人化”というアプローチものと、ゲームクリエイターのヨコオタロウ氏が名作ゲームをリブランディングして生み出すストーリーと、人気イラストレーターゆーげん氏が手掛けた美少女キャラクターが独創的な世界観を追求した。ゲームはシューティング形式のバトル進行で展開され、オートモードなども搭載されシューティングが苦手なプレイヤーでも楽しめる配慮も実施。

東京ゲームショウ等のイベント出展やメディア露出も積極的に行っていたさなか、2023年10月30日に「サービスの提供が困難であるという結論に至った」として2024年1月5日12時をもってサービスを終了することを公式サイトにて告知。以降、有償通貨の払い戻しや規模縮小を実施し、この度スケジュールに沿った提供終了を行ったことを報告した。

なお、サービス終了前に「オフライン機能」を通じてダウンロードを行った10章までのシナリオストーリーやミニゲー厶などはデータを保持する限り閲覧することが可能になっている。

404 GAME RE:SET -エラーゲームリセット-
対応OS:iOS/Android
価格:基本無料(アイテム課金あり)
ジャンル:闇堕ちした少女を救うシューティングライクRPG
©SEGA