シーシャ(水たばこ)を通じてヒロインたちの本心に迫る新作ADV「Hookah Haze」アニプレックスから発表

アイキャッチ画像

アニプレックスは2日、アクワイアと共同で新たなゲームプロジェクト『Hookah Haze』による新作タイトルの発売を正式に発表した。SteamおよびNintendo Switch向けに展開され、2024年に繁体字版とともに発売される予定となっている。

本作は「シーシャ(水たばこ)」がキーワードとなる新作タイトルで、プレイヤーは主人公・炭木トオルとなり、シーシャ屋を経営しながら、3人の女性との出会いなどを通じて彼女たちの本心に触れていくというヒューマンドラマアドベンチャーゲーム。同日開催されたイベント「Indie Live Expo 2023 Winter」のLive Premiere枠にて発表となり、合わせて本作のキービジュアルもお披露目に。

3人のヒロインである愛上あむ、明月院こころ、古森くるみが楽しげにシーシャを楽しむ姿と、温かな視線で彼女たちを見つめる炭木トオルの姿が描れているほか、同じく発表となったティザーPVでもそれぞれのキャラクターを垣間見ることができる。

『Hookah Haze』のタイトル発表を記念して、Steamではウィッシュリスト(事前登録)も始まっており、特別キャンペーンも展開される予定としている。また、12月30日から31日にかけて開催される「コミックマーケット103」や来年開催の「台北ゲームショウ」でのブース出展も決まっており、台北ゲームショウでは初めて試遊台が設置され、ゲームを体験できる予定だという。