【特集】VRアニメをAIが作るサービスを取材!
gn_banner

GitHubがパスワードでのリポジトリ操作を廃止!personal access tokenを使った対処法をご紹介します。

本日久々にGitでpushしようとしたら仕様変更してたので備忘録…

GitHubがPasswordでの操作を禁止に!

いつものように、GitにコードをPushしようとしたら以下のようなエラーが。

> git push origin master
remote: Support for password authentication was removed on August 13, 2021.Please use a personal access token instead.
remote: Please see https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/ for more information.
fatal: unable to access 'https://github.com/ichii731/symmetry_bot.git/': The requested URL returned error: 403

どうやらGitHub側が、HTTPSでのリポジトリ操作の際パスワード認証を廃止したよう…8月13日にもう切り替わってたらしい。

あれ?前も使ってたのにな…と思ったんですが、SSHだと通常通り問題なく使えるとのこと。なるほど。いつも使ってるリモートホスト(VPS)ではなくノートパソコンでPushしてしまったのでこんな事になってしまったのか…

お盆休みで気づいていない人ももしかしたらいるんじゃないかということで対処法を書きます。

対処法1:Personal Access Tokenを使おう

SSHをゴニョゴニョやるのもめんどい…って方はパスワードの代わりにPersonalAccessTokenを使うを解決できますよ!

公式ドキュメントに方法も書いてあります!

GitHubでToken作成

GitHubのSettingを開いてDeveloperSettingsタブにアクセス。

そしてPersonal Access Tokenタブを開き、右側のGenerate New Tokenにアクセス。

以下のリンクから直接アクセスできます。ログインしといてくださいね。

そして下の画像のとおりにチェックを入れて、作成してください!

– repo すべて
– admin:repo-hook すべて
– delete_repo

作成したらAPIキーは何かしらの方法で保存してください!

そしてあとは通常通り、ユーザー名でログインできます。パスワードを入力する代わりにPersonal Access Tokenを入れればOKです。

対処法2:SSHでログインしよう

こっちのほうが断然楽ですね。でも昔から情報が溢れてるのでここでは説明しません(´・ω・`)

以上超簡単ですが対処法を紹介しました。是非ご活用ください!私は寝ます!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました