当サイトについて&オススメ特集記事PickUp!
gn_banner

【Windows Terminal】コマンドプロンプト+PowerShell+WSLを統合したMS謹製ターミナルが超便利!使い方を解説

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。今回はWindowsで開発している人なら常識だと思いますがWindows Terminalっていう超有能統合コンソールをご紹介します。

Windows Terminalとは

Windows TerminalとはコマンドプロンプトとPowerShellとWSLを統一したコンソールのことです。

タブの概念があり、PoweShellとCMDでマルチタスクでコンソールの操作が行えるということで最近有名になりつつあります。

WSLって何?っていう方は↓野記事を見てみてください!

それでは使い方をご紹介します。

インストール

Microsoft謹製なのでMicrosoft Storeにあります。MSストアでterminalと検索。

候補トップに上がっているWindows Terminalを選択してインストール。これで以上です。

画面の操作方法

画面はWindowsのテーマUIに非常に似ており、操作性もとても優れています。

もちろんコピペも行えます。選択範囲を指定してあとはいつものようにCtrl+CでOK。

ペーストは右クリック一発でOKです。

Ubuntu等のWSLも動いちゃうんですね~これは良い。

しかもPowerShellがめちゃくちゃ軽い!これだけでも十分使う勝ちがあると思います。

設定項目の解説

かつてはJSONファイルを直接編集しないといけなかったのですが最近GUIでの設定編集に対応しました!

起動時のデフォルトのコンソールを選択しています。

私は長らく使っているコマンドプロンプトを設定しています。なんだかんだ言ってCMDが一番いいんですよね。

Windwosの標準設定のようにサイドバー若干Aero貴重になっていますね。

各コンソールごとに外観の詳細な設定が行なえます。

カーソルのポーンターのカタチまで詳細に設定が行なえます。

私はPowerShellだけ判別できるように本家と同じ青色に変更しています。

とまぁいろいろあるんでぜひお試しあれ!ってことで以上。

あ、記事IDが3000を超えました。ありがとうございます。

わからないときは相談に乗ります!

このサイトでは多くの皆様のためになる情報を提供していくことを目指しております。

付きましてこの記事で何かわからないことがあったり、困ったことがあればいつでもお気軽に相談してください!

私のTwitterアカウントへ直接ダイレクトメッセージを送っていただいても結構ですし@メンションつけていただければすぐにお応え致します!!!

また、Peing質問箱でもお受けしております。詳しくはこちらから!

※当サイトのコメント欄ではお受けしておりません。ご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました