SpaceXの衛星ネット「Starlink」が東日本で利用可能に=アジア初

SpaceXの衛星ネット「Starlink」が東日本で利用可能に=アジア初

SpaceXの衛星ネット「Starlink」が東日本で利用可能に=アジア初

米・宇宙開発企業スペースXは衛星ネットサービス「Starlink」の日本国内でのサービスを開始したと発表した。

「Starlink」は地球低軌道で運用される世界最大の高性能衛星コンステレーション(多数の人工衛星を協調して動作させる運用方式)を用いたインターネット接続を提供するブロードバンドサービス。

同サービスは2020年に北アメリカ大陸とヨーロッパで試験運用が始まって以来、着々と利用可能範囲を広げ、ウクライナやイランでも利用可能。現在、受信端末を100万台以上製造しているとイーロン・マスク氏は述べている。

現在利用可能になっている範囲は神奈川県以東の東日本(と北海道の一部)のみ。現在Starlinkをアジアで使えるのは東日本だけとなっており、マップによると西日本では2023年1月から利用可能になるとのこと。受信機は73,000円・サービス利用料は月額12,300円。

           

IT総合カテゴリの最新記事