「彼女、お借りします」作者による最新作『紫雲寺家の子供たち』アニメ化決定 7人兄弟姉妹が織りなす“禁断”ラブコメディー


アイキャッチ画像

『彼女、お借りします』の宮島礼吏氏による最新作マンガ作品『紫雲寺家の子供たち』(白泉社「ヤングアニマル」連載)について、本作のアニメ化が決定した。

『紫雲寺家の子供たち』は白泉社の漫画誌「ヤングアニマル」にて2022年より連載中のマンガ作品にさて、累計発行部数 1,100 万部を超え、TVアニメも第 3 期まで 制作された人気マンガ「彼女、お借りします」の作者・宮島礼吏による最新作。

家族思いの長男・新が5人姉妹に囲まれ騒々しくも幸せな日々を送るなか、 父親から衝撃の事実を告げられ、彼らの生活は一変してしまう…とのストーリーにはじまる、“紫雲寺家”の7人兄弟姉妹が繰り広げる禁断ラブメディとなっている。

そんな本作が早くもアニメ化とのことで、この度宮島礼吏氏からのお祝いコメントイラストが到着。コメントでは「アニメ一期分のネームは既に完成しています。傍から見れば、家もルックスも全て持っている様に見える人でも、きっと常に何かを失い、悩み、支え合いながら生きているんでしょうね。」と制作について期待を寄せている。

紫雲寺家の子供たち 1 (ヤングアニマルコミックス)

紫雲寺家の子供たち 1 (ヤングアニマルコミックス)

宮島礼吏
660円(04/22 04:33時点)
発売日: 2022/07/15
※プロモーションを含みます

また、アニメ公式 Xも開設され、本イラストを用いた「宮島礼吏サイン入りポストカード」が当たるプレゼントキャンペーンも始まっている。

「紫雲寺家の子供たち」作品情報

東京都世田谷区成城。都内有数の高級住宅街に豪邸を構える「紫雲寺家」。7人の兄弟姉妹、特に5人の美人姉妹が有名となっているが、長男の男子高校生・新は姉妹にタジタジの毎日。
「もし自分に姉妹がいなかったら…」と、ついそんな妄想もしてしまう日々の中、父親から衝撃の事実を告げられて…?

【原作】「紫雲寺家の子供たち」宮島礼吏(白泉社「ヤングアニマル」連載)

© 宮島礼吏/白泉社(ヤングアニマル)