アニメ『薬屋のひとりごと』第16話先行カット公開「昔のように茶会でもするといい」不思議な遺言に従ってみると…

アイキャッチ画像

2023年10月より放送中のアニメ『薬屋のひとりごと』について、あす1月27日(土)25時より日本テレビ系列ほかにて順次放送が始まる第16話「鉛」の先行カットとあらすじが到着した。

そして3月20日発売のBlu-ray 第2感について、この度ジャケットイラストが解禁に。初回生産限定版は、キャラクターデザイン・中谷友紀子による新規描き下ろしイラストを使用した特製三方背やデジパックなど豪華仕様で、イラストには〈園遊会〉の衣装を纏った猫猫と、後宮の上級妃4人が美麗に描かれている。価格は14,300円。

先行カット&あらすじ

第16話 「鉛(なまり)」
「皆、昔のように茶会でもするといい」――息子に秘伝を授けずに亡くなった宮廷御用達の彫金細工師が残した不思議な遺言。壬氏から調べてほしいと頼まれた猫猫は、彼らの家を訪ねる。
作業小屋、開かない箪笥、硝子製の金魚鉢、三兄弟それぞれに残された3つの形見と作業小屋の不思議な間取りの謎に気づいた猫猫は、細工師の遺言通り兄弟たちと共に“茶会”を開く。

『薬屋のひとりごと』作品情報

後宮を舞台に「毒見役」の少女が、宮中で起こる様々な難事件を次々に解決する、
シリーズ累計2400万部突破の大人気後宮謎解きエンタテインメントが待望のアニメ化!

【原作】日向夏(ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊)
【アニメーション制作】TOHO animation STUDIO×OLM
【放送】10月21日(土)25:05〜日本テレビにて初回3話一挙放送

©日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会