1月から放送開始のアニメ『チェリまほ』ドラマとの違いは黒沢のスマートさ?早くも“ブーム再来”の予感

アイキャッチ画像

2020年10月からドラマが放送され、『チェリまほ』の愛称で親しまれた豊田悠作『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(スクウェア・エニックス刊)。ドラマ化で大きな話題を集め、2022年公開の映画が大ヒットを飾るなど、多くの支持を集めた『チェリまほ』が、ついに今冬TVアニメ化を果たした。

1月10日(水)よりテレビ東京系列ほかにて初回放送が始まった本作。ドラマとはまた違った魅力があり、アニメからもチェリまほブームが起きそうな予感がぷんぷんする。ドラマと比較しつつアニメだからこその面白さをまとめたい。

まず『チェリまほ』とは、童貞のまま30歳になったことで“触れた相手の心が読める”という魔法を使えるようになった冴えないサラリーマン・安達清が主人公。その力を偶然発揮したことにより、同期のイケメン優秀営業マン・黒沢優一が自分に好意を抱いていることを知り、徐々に2人が接近する様子を描いたBL作品である。

黒沢の好意を利用することへの罪悪感

1話では安達は仕事を黒沢に手伝ってもらい、なんとか終えるものの終電がなくなったことを知り、黒沢の家に泊めてもらうことに。安達は黒沢の好意に気付いているため、どのように過ごして良いかわからず終始困惑。一方、大好きな安達と同じ空間で一夜を過ごすことに緊張してしまい、黒沢も安達同様に十分に眠れない夜を過ごす。

翌日、安達の仕事を黒沢が手伝ったことを知った部長から、感謝の意を込めて焼肉屋の優待券をもらう。終業後に2人で焼肉屋に行くが、優待券の期限が切れていたため、安達が全額払おうとするが持ち合わせがなく黒沢がカードで支払う。

安達は“友達”として黒沢は最高であり、今後も交流していきたいと思うが黒沢の好意は真剣そのもの。黒沢の好意を利用して会い続けようと考えた自分に罪悪感を覚え、急いでコンビニのATMでお金をおろして半ば強引に黒沢に返す。拒絶されたように感じて悲しそうな顔を浮かべる黒沢を置き去りにして、安達は逃げるようにその場を後にした。

黒沢のスマートさに違い

アニメとドラマで大きな違いは、オドオドした時の安達の描かれ方である。ドラマの場合は安達を演じる赤楚衛二の表情を長く映すことで、目が泳いだり顔がこわばったりするなどして動揺している様子を表現していた。一方、アニメではオドオドしたり照れたりなど動揺した時は、安達がデフォルメされたカットが差し込まれる。チビキャラになった安達が感情をあらわにするため、安達の可愛らしさをよりバリエーション豊かに楽しめることが大きな魅力と言って良い。

ただ、一番の違いは黒沢というキャラの印象が大きく異なることかもしれない。ドラマでは町田啓太が黒沢を演じていたが、町田にしか作れないクシャっとした笑顔をふんだんに見せるなど、誰に対しても親しみやすい“お兄ちゃん”なイメージが黒沢にはあった。翻ってアニメでは黒沢のスマートさがより際立っており、しっかり者で仕事ができる“お兄さん”な雰囲気。どちらもオートモードはカッコ良く、安達のことを考えると急に可愛らしさがダダ漏れする黒沢ではあるが、アニメでは微妙に違いがあるところも『チェリまほ』を楽しめる大きな要素である。

もちろん、黒沢に限らず安達も目が離せない。アニメでは前髪が長くて片目が隠れており、表情がハッキリとわかるわけではない。だからこそ、黒沢の好意に触れて激しく動揺して喜怒哀楽を爆発させた時、より一層の可愛さを感じる。アニメから興味を持ってドラマや漫画にハマる人が続出して、再びチェリまほブームが起きそうだ。

TEXT: 望月悠木(フリーライター)

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』作品情報

童貞のまま30歳を迎えた主人公・安達は「触れた人の心が読める魔法」を使えるようになってしまった。地味な魔法の力を持て余していたある日、ひょんなことから営業部エースのイケメン同期・黒沢の心を読んでしまう。黒沢の心の中は、なんと安達への恋心でいっぱいで――!?ちょっと不思議な魔法の力が巻き起こす、“爽やかイケメン”から“30歳拗らせ童貞”へのダダ漏れ好意200%ラブコメディ、開幕!

【原作】「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(原作 豊田悠(掲載 「ガンガンpixiv」スクウェア・エニックス刊))
【アニメーション制作】サテライト
【キャスト】安達 清 CV.小林千晃/黒沢優一 CV.鈴木崚汰/柘植将人 CV.古川 慎/綿矢 湊 CV.佐藤 元 ほか
【放送】2024年1月10日(水)24時よりテレビ東京系列・BSテレ東他にて放送開始

©豊田悠/SQUARE ENIX・アニメ「チェリまほ」製作委員会