〈総合レポート〉ANIPLEX20周年に新旧の名作たちが集結…歌唱&朗読に熱狂、ポルノグラフィティが『ハガレン』OPをサプライズ披露

アイキャッチ画像

1月7日(日)に東京ガーデンシアターにてアニプレックスの20周年記念ライブイベント「ANIPLEX 20th Anniversary Event -THANX-」が開催され、アニプレックスが手掛けたアニメ作品から総勢30組以上のキャスト・アーティストが集結した。以下、オフィシャルレポートとともに会場の模様をお届けする。

SAO、Fate、あの花…アニプレ人気作が集結

様々なアニメの劇伴が流れ、ライブへの期待が高まっていく会場には、この日約6,000名のアニメファンが来場。ステージセンターに置かれたグランドピアノに、ピアニストの角野隼斗(かてぃん)がスタンバイをすると、「ANIPLEX 20th Special Piano Medley」を演奏し、イベントの幕が上がる。アニメの映像に合わせながらの演奏に、会場からは作品が切り替わるごとに歓声が起こる。短い演奏でも、作品ごとの感動が甦ってきて、改めてアニメの素晴らしさを感じさせる。

「心ゆさぶる作品と、出演たちの想いが、今夜ここで共鳴する。20年の旅路を、ともに歩んだあなたへの感謝を込めて」……というメッセージのあとに『ANIPLEX 20th Anniversary Event -THANX-』のロゴが浮かび上がり、スクリーンの真ん中から姿を表したLiSAの姿を確認すると観客のテンションが一気に上がっていく。『魔法科高校の劣等生』OPテーマ「Rising Hope」を挨拶代わりにぶちかますと、ステージからは炎も立ち上がる。客席も大きな声と赤いペンライトを振って、彼女の熱いパフォーマンスに応えていた。

続いて『ソードアート・オンライン』シリーズから、松岡禎丞(キリト役)の「リンク・スタート!」の声を合図に「crossing field」が始まる。間奏では、敵であるヒースクリフと相対する前にアスナに伝えた決意の言葉をキリトが絞り出し、「うおおおおおおおおお!」と力の限りに叫ぶと同時にDメロが流れ、物語と歌がリンクしていく。このイベントだからこそ実現したパフォーマンスに、会場も熱狂していた。さらに「次は私がアニメと出会った最初の曲です」と言って、『Angel Beats!』で、Girls Dead Monsterとして歌った「Crow Song」を熱唱!大きな興奮に包まれる中、次の作品へとバトンをつないだ。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』からは茅野愛衣(めんま/本間芽衣子役)が登場し、超平和バスターズのみんなへの手紙を読み上げていく。かくれんぼのシーンが思い浮かぶような感動的な朗読から、作品を彩ったOPテーマ「青い栞」を、Galileo Galileiが歌っていく。「小さい頃から時々、変なものを見た。」から始まる『夏目友人帳』で何度も聞いてきたナレーションを、神谷浩史(夏目貴志役)が生で朗読すると、妖怪に名前を返すセリフをキッカケに、Aimerが「茜さす」を歌う。茜色に染まるステージで、切なくなったり、胸がじんわり温かくなる作品の素晴らしさを、曲で、そして歌声で表現してくれたし、最後の夏目の「帰ろう、先生」の言葉も、作品世界に浸らせてくれた。

『Fate/stay night』シリーズから川澄綾子(セイバー役)、杉山紀彰(衛宮士郎役)、下屋則子(間桐桜役)がステージに登場すると、映像に合わせたセイバー、士郎、桜の掛け合いに、思わず会場から声が漏れる。そして、炎が上がるステージに再びAimerが現れ「Brave Shine」を披露した。曲間でもセイバーと士郎のやり取りが展開され、いずれも息を呑むほどの迫力だった。士郎と桜のやり取りから始まった「春はゆく」では、Aimerの感情的に歌声に、そして曲間での士郎と桜の切ないやり取りに心を揺さぶられる。〈あなたの側にいる あなたを愛してる〉という切ない歌声が会場に響き渡り、最後は桜の笑顔と「はい」という言葉で、『Fate/stay night』シリーズのステージを終えた。

感動的なステージのあとに登場したのは、神谷浩史(諸星あたる役)と上坂すみれ(ラム役)が登場し、あたるがガールハントに来たというオリジナルの朗読劇を展開。2人の相変わらずのやり取りに会場が盛り上げると、MAISONdes feat.花譜, ツミキが、EDテーマ「トウキョウ・シャンディ・ ランデヴ」を披露。ツミキのビートの効いたドラミングと花譜の軽快なボーカルで、会場を巨大なクラブハウスにしていた。

続いて『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の映像が流れると客席が湧き、数々のヒット作品の主題歌を歌ってきたClariSの2人が登場。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のOPテーマ「irony」を歌う。彼女たちの快進撃のスタートとも言えるメジャーデビュー曲であり、10年以上経ってもまったく色褪せない名曲。バックで流れていたキャラクターたちも、本当に活き活きとしていて、感慨深かった。

最近の彼女たちを代表する楽曲と言えば『リコリス・リコイル』のOPテーマ「ALIVE」だろう。この曲を、激しいダンスと共にパフォーマンスしていくと、曲間では、安済知佳(綿木千束役)と若山詩音(井ノ上たきな役)が駆けつけ、「心臓が逃げる!」という言葉のインパクトが凄まじかったアニメのクライマックスシーンを映像に合わせて熱演! 音楽との相乗効果で、アニメの感動が甦ってきた。

当日サプライズでポルノグラフィティ出演、化物語、るろ剣と駆け抜ける

大きな盛り上がりの中、スクリーンに『鋼の錬金術師』の名シーンが映し出されると、会場がざわめく。ドラムに合わせて、センターから登場する2人の影。大きなクラップと歓声が沸き起こる中、 シークレットゲストとしてポルノグラフィティが「メリッサ」を熱唱。心を震わす岡野昭仁のロングトーン、炎が上がる中で演奏された新藤晴一のギターソロ、圧巻のパフォーマンスで、熱狂の中、第1部を終えた。

休憩を挟んでの第2部。第1部の作品の名場面がスクリーンに映し出され、そこから徐々に『青の祓魔師』の映像に移り変わっていくと歓声が大きくなる。激しいドラムソロから、ステージにUVERworldが降り立つと、青い炎が立ち上がる中、「CORE PRIDE」を叩きつける。TAKUYA∞が観客を煽ると、観客も「オイ!オイ!」と声を上げて応える熱いステージ。「次の曲は、アニメの世界観を心に受けて、心を込めて作りました。今日始めてみんなの前で披露します!」と語り、この1月から放送がスタートした『青の祓魔師 島根啓明結社篇』のOPテーマのッッ新曲「Eye’s Sentry」を投下。

ヘヴィなサウンドとキャッチーなメロディに、何かが始まる予感を感じさせてくれる楽曲に胸が熱くなる。「次の曲は、18年くらい前に作った曲なんだけど、それもアニメのストーリーとともにみんなの心の中に生き続けてくれていると思うと、本当に嬉しいです」と伝え、青い炎の色から赤い血の色に染まった会場で『BLOOD+』の「Colors of the Heart」を熱唱し、迫力満点のステージを終えた。

『化物語』から、神谷浩史(阿良々木暦役)と斎藤千和(戦場ヶ原ひたぎ役)がステージに登壇し、羽川翼や八九寺真宵といった濃いキャラクターたちとの朗読が繰り広げられる。戦場ヶ原のツンドラ気質というわかりづらい可愛さを味わえたが、その裏で思いを押し殺していたのが羽川翼だった……。そして、ステージに堀江由衣(羽川翼役)が登場すると、客席から悲鳴のような歓声が起こる。ダンサーとともに羽川 翼のキャラクターソング「sugar sweet nightmare」を披露したのだが、作詞:meg rock × 作曲:神前暁という『化物語』のゴールデンコンビによる名曲に、そして何より羽川翼の歌声に、ファンは大興奮だった。

続いて『るろうに剣心』から、斉藤壮馬(緋村剣心役)と高橋李依(神谷薫役)が登場。薫が剣心を引き止める掛け合いの朗読劇から、Reolが「切っ先」でパワフルな歌声を会場中に轟かせる。そして、再び剣心と薫の切ないやり取りが繰り広げられ、次の作品へとつなげる。

2007年、毎週日曜日の朝から、熱いドリルで天を突いてきた『天元突破グレンラガン』。アニメ史に残る名曲「空色デイズ」を中川翔子が熱唱する。間奏ではサプライズ出演となる小西克幸(カミナ役)がグレン団の赤いマントを羽織って登場。「お前が信じるお前を信じろ!」という、カミナの命が尽きる前にシモンに伝えた言葉を高らかに叫び、中川も同じ熱さで拳を突き上げながら歌っていく。「今度こそ、ほんとにあばよだ。行けよ、兄弟!」と最後に言い残すと、スクリーンは『銀魂』の映像に変わる。ここで万事屋の銀時、新八、神楽のゆる~いトークが展開されたのだが、色んな作品のネタをぶっ込んでくるやり取りに、会場でも大きな笑いが起こっていた。会話が続いている中、ステージに登場したのはDOES。ここで、長年愛され続けてきた名曲「曇天」をぶちかます。3ピースバンドの魅力を凝縮したかのようなシンプル・イズ・ベストの迫力のライブを見せつけ、カッコよくステージを後にする。

かぐや様、ぼざろ、鬼滅と近年注目作がフィナーレを飾る

『かぐや様は告らせたい』からは、古賀葵(四宮かぐや役)と古川慎(白銀御行役)が、モノローグを駆使しながらの頭脳戦を繰り広げていく。結局、好きだと言わせることができなかったところで、鈴木雅之 feat.鈴木愛理が登場。「DADDY ! DADDY ! DO !」を、オトナなムードで歌い上げていく。色気があって情熱的な鈴木雅之のボーカルと、赤いドレスでダンスをしながら、歌で寄り添っていく鈴木愛理によるパフォーマンスに酔いしれた。

主題歌・挿入歌が大ヒットし、数々の記録を打ち立てた『ぼっち・ざ・ろっく!』からは、結束バンドの青山吉能(後藤ひとり役)、鈴代紗弓(伊地知虹夏役)、水野朔(山田リョウ役)、長谷川育美(喜多郁代役)が登場した。

アニプレ20周年ライブに「結束バンド」集結 ユーモア溢れる朗読劇やアジカン楽曲の“ぼっちカバー”にファン歓喜

再びClariSが登場し、2ndシングルであり『魔法少女まどか☆マギカ』のOPテーマ「コネクト」を披露。2人のユニゾンの美しさを存分に味わうことができる楽曲なのだが、不穏な世界観を感じながらも、魔法少女然とした明るいOPアニメーションの違和感が、当時衝撃的だったことを思い出す。曲間では、悠木碧(鹿目まどか役)と斎藤千和(暁美ほむら役)が登場し、胸のうちにあるそれぞれの願いを吐露していく。そして〈もうなにがあっても挫けない〉と、前へ向かって曲を終える。

イベントの最後を飾る作品は、アニメ『鬼滅の刃』だ。小西克幸(宇髄天元役)が出てきて、客席とコール&レスポンスをして盛り上げる。そして、Aimerが再登場し『鬼滅の刃 遊郭編』のOPテーマ「残響散歌」を激しく、情熱的に歌っていく。曲間では、花江夏樹(竈門炭治郎役)も登場し、炭治郎と宇髄天元が声を張り上げていく。映像でも上弦の陸・堕姫と妓夫太郎との熱いバトルを繰り広げられ、Aimerも激しいステージを終える。

炭治郎の過去を振り返る言葉から、時は遡り『鬼滅の刃 無限列車編』へ。今度はLiSAが再登場し「炎」を歌っていく。炎が揺れる中、想いのこもった歌声に心が揺さぶられるたし、曲間で日野聡(煉獄役)がサプライズで登場すると、煉獄から炭治郎へ、想いが受け継がれていくシーンを演じていく。2人の熱さをLiSAも受け取り、ラスサビを感情的に歌い上げていく。

宇髄から教わったもの、煉獄から受け継いだものを胸に、鬼舞辻無惨を倒すために、そして妹の禰豆子を人間に戻すために、炭治郎は前へ前へと進んでいく。そんな炭治郎の言葉と共に、イベントのラストを飾ったのは、LiSAによる『鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編』のOPテーマ「紅蓮華」。赤く染まった会場で、熱い歌を響かせる。特に炭治郎の言葉とLiSAの歌が交互に展開される演出は圧巻で、映像と音楽と声が重なることで、大きな感動を生んでいた。エンドクレジットでは、歴史を刻んできた全作品のタイトルが並び、最後はキャラクターたちの「ありがとう」の言葉で締めくくられた。

©Aniplex Inc. All rights reserved.