『株式会社マジルミエ』初のステージでキャスト登壇…「魔法少女オタクメガネ社長」役がサプライズ登場【ジャンプフェスタ】

アイキャッチ画像

集英社「少年ジャンプ+」にて連載中の『株式会社マジルミエ』について、アニメ化が控える中本作のステージイベントが12月17日(日)に開催された「ジャンプフェスタ」にて行われた。

イベントには本作のキャストを務める桜木カナ役のファイルーズあいさん、越谷仁美役の花守ゆみりさん、そして新キャストとして小山力也さんが集結。

ステージでは早速本作の紹介からはじまり、桜木カナを演じるファイルーズさんは「成長していくキャラクター」と役柄を紹介しつつ、「私も社会人をやってから声優になったので、ものすごく就職活動をしていた。カナの姿を就活中に見ていたら、勇気が湧いていたと思う。『カナみたいに頑張ろう』と思っていたはず」とコメント。

なお、アフレコはこれからだそうで「私たちもワクワク感でいっぱいです」と意気込んだほか、続く越谷仁美役の花守さんは「背中で語ってくれる、素敵なセンパイ」だと越谷を分析し、「先輩のかっこよさを出せるように頑張ります!」と同じく目を輝かせた。

『株式会社マジルミエ』作品キービジュアル

続いて、本ステージで初解禁となる新情報が多数公開され、放送時期が2024年秋となること、新規キャストとして株式会社マジルミエの社長・重本浩司を小山力也さんが演じることが明かされた。その他複数の“社員”たちのキャストも公開となり、これにはお二人も「みんなぴったり!」と絶妙なキャスティングに惚れ惚れとした様子。

→【ニュース】『株式会社マジルミエ』アニメは2024年秋に放送へ “常に魔法少女コスプレ”などクセ強社員たちのキャスト続々公開

そしてこの日、発表となったキャストの中から小山さんがサプライズで登場。「社長!」と声をかけられた小山さんは、脚を高く上げるなどノリノリ。演じるキャラクターが魔法少女のコスチュームに身を包んでいる社長とあって「私、コスプレはしません」と語り、周囲を沸かせた。

左からファイルーズあいさん、花守ゆみりさん

そして二子山を演じる山下さん、翠川を演じる逢坂さんからは、ビデオメッセージが到着。山下さんは「ド派手なアクションも好きですが、戦っている魔法少女を裏で支えている人間たちの心模様が好き」と作品の魅力を語りつつ、「魔法少女オタクメガネ」と役柄の特徴を挙げた。一方の逢坂さんは「翠川は、普段はニコニコとしている優しい人柄」でありながら、「見た目とのギャップが大きいキャラクター。影の帝王というか(笑)、縁の下の力持ちのようなポジション。今からドキドキ、ワクワクしながら待っています」と自身も興奮してあることを明かした。

数々の新情報を伝えたファイルーズさんは「皆さんがきっと思っているであろう、『ここ逆じゃない?』という認識をぶっ飛ばします!」と花守さんと顔を見合わせて、声を弾ませた。「この人が演じるのは、こういうキャラだ」と思ってくれることはすごくうれしいことだと前置きしながら、「『株式会社マジルミエ』という作品は、魔法少女が職業だという新しい世界のお話。新しい見え方のキャスティングをすることによって、皆さんに伝わることがあるんじゃないかと思う。印象に残るような作品をつくれるように、チームで頑張っていきたい」と斬新な設定の作品に込めた思いを語った。

これに応じて花守さんは「座長が心強い!」とファイルーズに信頼を寄せ、「とても温かい現場になると思うので、そこに身を委ねるだけではなくて、魔法少女が守りたい人、もの、心をちゃんと伝えられるよう、ハートを乗っけて臨ませていただきたい」と大きな笑顔を見せた。

そして小山さんは「あまりお会いしたことがない人が多い現場。非常に緊張しております」と告白しつつ、「収録もだいぶ、皆さんと直接いろいろと対話できる機会が増えてきた。お互いの関係性が深まっていく形ができてきた。それがとても楽しみです」とアフレコに対する喜びを吐露。

最後の挨拶では、改めて花守さんが「魔法少女たちの生き様や、彼女たちをバックアップしてくれる人間たちのドラマを伝えられるように、頑張っていきます。放送をお楽しみに」、ファイルーズさんも「明日も仕事、がんばろう!と思えるような作品にしたい。よろしくお願いします」と呼びかけた。

小山力也さん

『株式会社マジルミエ』作品情報

【放送】2024年秋
【原作】岩田雪花・青木 裕(集英社「少年ジャンプ+」連載)
【アニメーション制作】萌・J.C.STAFF
【キャスト】桜木カナ:cv.ファイルーズあい/越谷仁美:cv.花守ゆみり

©岩田雪花・青木裕/集英社・マジルミエ製作委員会