『アオのハコ』待望のアニメ化決定でキャスト陣集結!作品の魅力、“青春時代”の共通点とは【ジャンプフェスタ】

アイキャッチ画像

「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中の三浦糀によるマンガ『アオのハコ』のアニメ化が先日発表されたことを受け、12月16日(土)に幕張メッセにて開催された「ジャンプフェスタ2024」のジャンプスーパーステージBLUEにて、『アオのハコ』のイベントステージが行われた。

ステージには本作のメインキャストを務める千葉翔也さん(猪股大喜役)、上田麗奈さん(鹿野千夏役)に加え、新キャストとしてステージで発表された鬼頭明里さん(蝶野雛役)がサプライズゲストとして登壇。TVアニメ化が発表されたばかりの本作初のイベントにて、作品の魅力をたっぷりと届けられた。

作品初のイベント、高校時代の話でも盛り上がる

ステージではまず、原作の紹介とあわせて、先日公開となった鹿野千夏の姿を捉えたティザービジュアルが映し出され、それぞれのキャスト陣にビジュアルに対する印象を伺う。千葉さんは「これは実際に大喜の目線から見ている風景なのですが、彼の目線からはこんな風にキラキラした世界に見えているのだなと伝わるようなイラストになっています。」、上田さんは「エモーショナルさやスポーティさ、高校生らしい爽やかな雰囲気があり、色々なものが詰まっているビジュアルだと思います。」と感想を語る。

上田麗奈さん

そして、本ステージにて、アニメーション映像を初収録したティザーPVがお披露目に。繊細な表情で紡がれるアニメーション映像と、新キャストとして、蝶野雛役を鬼頭明里さんが演じることが明らかとなり、ファンから大きな歓声が上がる。また、サプライズゲストとして鬼頭さんがステージに登壇すると、こちらも驚きのゲストの登場に、会場から大きな声援が贈られた。

鬼頭明里さん

続いてキャスト陣より、それぞれが演じるキャラクターについての紹介へ。今回キャラクタービジュアルが初公開となった物語の中心人物のひとり、蝶野雛については、猪股大喜と同じ高校1年生で、新体操部の期待の星となるキャラクターであることが紹介された。

また、ステージでは、作品に絡めてキャスト陣の高校時代についての思い出にも触れられ、鬼頭さんは「軽音楽部でしたが、ゆるく活動してました。特に練習もなく、皆で楽しくおしゃべりしながら活動していました。」千葉さんは「僕も軽音部に入っていましたが、やはりゆるく活動していました。一度だけ、新入生歓迎会の前で演奏するバンドを選ぶオーディションがあり、練習したのですが落ちてしまい、皆で泣いたことがあります。」、上田さんは「演劇部に所属していて、一生懸命に活動していました。一番大変なのは台本の潤色。元の台本を演じる人数にあわせて直したりと大変な作業でした。部活にかなり集中して頑張っていました。熱かったですね。」、と学生時代の出来事を振り返った。

千葉翔也さん

最後には、原作の三浦先生より、アニメ化への期待やファンに対する感謝のメッセージが紹介され、さらに登壇したキャスト陣からも感謝のメッセージが贈られた。

登壇キャストコメント

千葉さん「作品が持っている、どこまでも突き抜けるような爽やかさや、熱く頑張るキャラクターたち、そして大喜の言葉ひとつひとつがまっすぐで素敵な作品です。明日からまた頑張ろう、何かを変えたいなと思わせてくれるような作品なので、ぜひ楽しんでください。」

上田さん「こんなにもぴったりなキャストさんと一緒にお芝居をやっていけるのが嬉しくて、とても楽しみです。ピュアなときめきをもらいつつ、私も頑張ろうと思えるような作品です。楽しみにお待ちください。」

鬼頭さん「ティザーPVを見させていただき、私自身もいち視聴者として楽しみにしている作品です。こんなにもたくさんの皆様がアニメを楽しみに、期待してくださっていると思います。応援して頂けたらと思います。」

「ジャンプフェスタ2024」『アオのハコ』ステージ情報

日時:12月16日(土)
会場:幕張メッセ国際展示場/ジャンプスーパーステージBLUE
出演:千葉翔也(猪股大喜役)、上田麗奈(鹿野千夏役)、鬼頭明里(蝶野雛役

🄫三浦糀/集英社・「アオのハコ」製作委員会