『呪術廻戦』キャスト陣集結で“印象に残った回”を漢字四文字で熱弁!原画×アフレコ生ライブをステージで披露【ジャンプフェスタ】

アイキャッチ画像

12月16日(土)に幕張メッセにて開催された「ジャンプフェスタ2024」内ジャンプスーパーステージREDにて、現在TVアニメ第2期が放送中の『呪術廻戦』のスペシャルステージイベントが開催された。

イベントにはTVアニメにてメインキャストを務める榎木淳弥さん(虎杖悠仁役)、内田雄馬さん(伏黒 恵役)、中村悠一さん(五条 悟役)、諏訪部順一さん(両面宿儺役)らが登壇。クライマックスに向けて盛り上がりを見せるTVアニメの振り返りトークや、生アフレコを行う原画ライブなどが繰り広げられた。

オープニング特別ムービーで幕が開けると、原作コミックスより、これまでの物語の流れを振り返るような迫力にあふれるシーンを収めた映像が。“呪具”と称して観客に配られた様々な色に光る「ジャンフェスリング」の効果も相まって、映像、音、光の一体感あふれる演出が会場を包みました。

最初のコーナーとなる「いよいよクライマックス アニメ『呪術廻戦』スペシャル」では、現在放送中のTVアニメについて、キャスト陣がこれまでの物語の印象を語るトークを展開。内田さんは「懐玉・玉折」を振り返り、伏黒 恵の父親で、圧倒的な力と存在感を見せつけた伏黒甚爾について、「映像ですごく膨らませていて、甚爾がフィジカルギフテッドの本領を発揮していて凄かった。」と印象を語った。

そして、続く「渋谷事変」では、漏瑚や魔虚羅との激突で、渋谷の街を壊滅状態に追い込んだ両面宿儺について、諏訪部さんが「久々の登場となりましたが、演じていてとても楽しかったです。渋谷の街を訪れるたびに罪の意識にさいなまれます。」と冗談を交えながら振り返った。

また、これまで放送されたTVアニメ第2期より、キャスト陣それぞれが印象に残ったシーンを挙げ、そのシーンに四文字でタイトルを名付けるコーナーも行われました。中村さんは、第25話「懐玉」より、五条と夏油がバスケしながら会話するシーンを紹介。原作をさらに膨らませたキャラクターの動きや表情に「原作拡張」とタイトルを付け、「原作の余白の部分を想像して映像に織り込んでくる。作品へのスタッフの愛情を感じていて、ここがアニメ『呪術廻戦』の好きなところです。」とコメント。

一方の榎木さんは「逆転音楽」とタイトルを発表し、第37話「赫鱗」より、虎杖と脹相のバトルシーンを選び、「第1期で釘崎と共闘し勝った時の音楽を使っていて、今回は勝ったと見せかけて、それを裏切る音楽の使い方をしていました。シーンとしては結果がこうなると分かっているはずなのに、音の使い方で予想を裏切るのが面白いと思います。」とコメントした。また、内田さんは第40話「霹靂」の伏黒親子のバトルシーンを紹介。

「超超超速」とタイトルを名付け、「スピード感のあるバトルシーンの緩急があり、何が目の前で起こっているのか分からないような凄まじい展開の後、甚爾とのシーンのような静かなシーンがあるのが面白いです。」と語り、諏訪部さんも同じく第40話より、両面宿儺と漏瑚とのシーンを挙げ、「宿儺先生」とタイトルを付け、「アクションシーンの見どころもたくさんあるが、静かに語るようなところも良いなと。一旦落としてから持ちあげるコーチングはモチベーションアップにつながる。素晴らしい先生だなと思います。」とコメントした。

ステージではさらに、「渋谷事変」以降、激動の展開を迎えている原作について、キャスト陣が生アフレコを行う「原作はさらなる衝撃展開!先取り原画ライブ」も行われました。虎杖と伏黒、両面宿儺と伏黒、そして五条らが登場し、スクリーンに映し出される迫力の原画にあわせて、キャスト陣が臨場感たっぷりにシーンを演じた。

そして、原作の芥見下々先生によるメッセージも公開となり、「懐玉・玉折」「渋谷事変」から下書きやネームが特別に公開され、貴重な制作過程の様子と完成原稿との比較も紹介された。

作品関連の情報も続々と解禁となり、2024年1月4日に発売となる原作コミックス『呪術廻戦』第25巻の表紙の初お披露目や、その25巻をもってシリーズ累計9,000万部(デジタル版含む)を突破することが発表。さらに、上演中の舞台『呪術廻戦』より、虎杖役・佐藤流司さんのコメントムービーが公開となったほか、来年2月に発売となる家庭用ゲームの最新情報や、「アニメーション 呪術廻戦展 「劇場版 呪術廻戦 0編」」の今後の開催情報も紹介された。

【原作】「呪術廻戦」芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
【制作】MAPPA
【放送】毎週木曜23:56~MBS/TBS系列全国28局にて放送中

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
© SHUEISHA Inc. All rights reserved.