ネットの祭典「ニコニコ超会議2024」4月に幕張メッセで開催へ「原点回帰」をテーマにユーザーの主体性尊重

アイキャッチ画像

2024年4月27日(土)と28日(日)の2日間、幕張メッセにて「ニコニコ超会議2024」が開催されることが決定した。

「ニコニコ超会議」は、ニコニコ動画を運営するドワンゴが主催する、インターネットカルチャーの大規模イベント。2012年の初開催から13年目を迎えることとなる次回の超会議では開催初期のコンセプト「全員主役」を再度掲げ、ユーザーが主体であるイベントとして原点回帰を行う旨も明かした。

その取組の一環として、2022年から「ニコニコ超会議」のメイン企画に位置づけ、反響の大きかった「クリエイタークロス」のスペースを大幅拡大するという。「クリエイタークロス」は、ボカロP、歌い手、踊り手、絵師、配信者、ゲーム実況者などのクリエイターが自身のブースを持ち、即売会のように自由に活動をアピールする企画。

2024年はボカロ、ゲーム、歌ってみた、踊ってみたなど、ジャンル毎に分けられた幕張メッセの各エリアを横断するように設置する予定とのことで、これにより〈遊しやすい環境と、同じ“好き”を持つ他出展者との交流により、今後の活動の幅を広げることができる。〉としている。