革新的だったが…MacBook Proから“Touch Bar”搭載モデル消滅へ

アイキャッチ画像

Appleは10月31日、新製品発表イベント「Scary Fast」をオンラインにて配信し、同社の新型プロセッサ「M3」シリーズを搭載した「MacBook Pro」の最新モデルを発表した。

今回発表されたMacBook Proは14インチと16インチの2モデルで、いずれも3nmプロセスを採用した最新プロセッサ「M3」「M3 Pro」「M3 Max」を搭載していることが大きな特徴となっている。カラーバリエーションは従来のシルバーと黒系の「スペースブラック」の2色展開、価格は248,000円〜644,800円となっている。

また、今回の発表ではこれまで展開されていた13インチモデルの投入が行われなかったという点も注目されている。これにより、一部のMacBook Proで採用されていた「Touch Bar」が最新モデルから消滅することとなった。

Touch Barとは、MacBook Proに2016年より搭載されていたキーボードのファンクションキーに代わる、細長いタッチディスプレイ。タッチ操作により音量や画面輝度を調節することができるほか、対応するアプリケーションでは便利なショートカット機能が使えるなど、発表当初は注目されていたものの「従来のファンクションキーよりも効率が悪い」と感じる利用者も当初より多く見受けられた。

加えてMacBook Pro以外への搭載が行われなかったほか、対応するアプリケーションの数に伸び悩みが生じたことも重なり、十分な恩恵が得られないとしてユーザーの間では浸透しなかった。

そして、2021年に自社プロセッサ「Apple Silicon」を採用した新デザインのMacBook Proが投入されると、Touch Barは下位機種として展開された13インチモデルにのみの採用に。以降Appleは段階的な廃止を推進し、2022年に発売された「M2」搭載13インチMacBook Proが“最後のTouch Bar搭載モデル”になった。10月31日現在、13インチのM2 MacBook Proは公式サイトからの購入は不可能になり、Amazon.co.jp等の一部の販売チャネルでは僅少だが販売されている。