『ハイカグラ』2024年アニメ化決定 原作・高山しのぶ氏も「15年目にまさかのアニメ化…!」

「ゼロサムオンライン」にて連載中のコミック『ハイガクラ』について、コミックス最新刊の発売とともにアニメ化が発表された。2024年放送を予定している。

本作は『あまつき』『花燭の白の』などを手掛ける漫画家・高山しのぶが手掛ける、2008年より連載が始まった同氏史上最長連載作品として、シリーズ累計130万部突破の人気作品。そんな本作のアニメ化について、この度高山しのぶ先生描き下ろしのティザービジュアルとコメントも到着している。

【原作:高山しのぶ先生】コメント

隔月刊の雑誌で細々描き始めてから、今年で15年目。
その年月経過っぷりにも驚きですが、そんな15年目にまさかのアニメ化決定…!
今でも驚きが抜けません。企画実現までに、沢山応援と尽力をくださった皆様、本当に有り難う御座いました。
漫画とアニメ。どちらのハイガクラも、これからもどうぞよろしくお願いします!

作品情報

ハイガクラ 16巻 (ZERO-SUMコミックス)

ハイガクラ 16巻 (ZERO-SUMコミックス)

高山 しのぶ
814円(12/03 16:53時点)
※プロモーションを含みます

仙界。
神仙と人間が暮らすその世界は、崩壊の危機に瀕していた。
潔斎と呼ばれる術を使いながら世界中に散らばった神々を捕らえる歌士・一葉(いちよう)は、従神・滇紅(てんこう)とともに仙界崩壊の鍵を握る凶神・四凶を探し求める――

長きに渡って読まれ続ける高山しのぶの人気コミックをもとに、危機に瀕した仙界を救う歌士たちの戦いを描くアクションファンタジー!

©高山しのぶ・一迅社/ハイガクラ製作委員会