ハイエンドスマホ「Galaxy S23」シリーズ発表―海外では予約数が前機種超え、日本投入に強い自信

アイキャッチ画像

サムスン電子ジャパンは6日、フラグシップスマートフォンシリーズ「Galaxy S23」シリーズ2製品を日本国内に投入することをGlalaxyブランドの新製品発表イベント「Glalaxy Unpacked」にて発表した。ベースとなる「Galaxy S23」と上位機種「Galaxy S23 Ultra」の2製品でのラインナップとなっており、4月20日よりドコモ・au・楽天モバイルの3キャリアにおいて店頭・オンラインでの取り扱いが開始予定。

「Galaxy S23」シリーズは高性能なカメラとプロセッサを搭載するフラグシップスマートフォン「S」シリーズの最新モデルとして本年2月2日に海外市場にて発表されており、この度おサイフケータイといった日本市場向けの機能を追加した日本国内モデルでの投入が発表された。(グローバル発表されている「Glalaxy S23+」の投入は無し)

同発表会では、前機種の「Galaxy S22」シリーズからカメラがパワーアップしたことを全面に押し出した内容となっていた。上位機種「Galaxy S23 Ultra」では、Galaxy史上最高の2億画素の広角カメラを搭載し、細部まで映し出す高画素モードや、光を多く取り込む高感度モードを使用することで、ノイズが少なく、明るく鮮明で感動的なナイトグラフィーを実現。さらに、最大100倍のズーム機能を備えており、被写体に近づけない場面でも手ブレを抑えながらくっきりと鮮明に映し出すことができるという。

ベースモデルの「Galaxy S23」は、手になじむサイズ感ながらも、Galaxy史上最速チップと3つのプログレードカメラ、大容量になったバッテリーなど搭載しつつ、160g台という軽量であることが特徴。一方、「Galaxy S23 Ultra」は256GBの大容量ストレージを搭載しており、内蔵されたSペンを使って、買い物メモやアイデアスケッチに活用することが可能となっている。

 

そんな「Galaxy S23」シリーズについて、発表会の冒頭でサムスン電子ジャパン株式会社からチーフ・マーケティング・オフィサーの小林謙一氏が登壇。同氏は日本のAndroidスマートフォンにおける「ハイエンド機」の市場は軒並み厳しい状況に置かれている点に触れつつ、〈その状況下でもGlalaxyの「Sシリーズ」は出荷台数が増加傾向にあり、フラグシップ市場において確かな存在感を確立している〉とコメント。

また、すでに発売されている海外における数値も報告し、前機種の「S22」シリーズを上回る予約数であったことやインドやフランス・ブラジル・台湾といった世界各国で好調な成長を遂げていると述べた上で、日本市場への投入に強い期待と自信を示した。

各モデルの詳しい仕様や各種キャリアでの販売情報・アクセサリーのラインナップはサムスンの公式サイトやキャリア公式サイトを参照。また、本媒体では「Galaxy S23」シリーズについては後日ハンズオン記事も公開予定。

Galaxy S23シリーズ製品詳細

「Galaxy S23」詳細
https://www.samsung.com/jp/smartphones/galaxy-s23/
「Galaxy S23 Ultra」詳細
https://www.samsung.com/jp/smartphones/galaxy-s23-ultra/