アイデアから構成までお任せあれ?noteがチャットAIを活用した創作支援ツールを試験公開

アイキャッチ画像

クリエイタープラットフォーム「note」などを運営するnote株式会社は15日、チャットAIを活用した創作支援ツール「note AIアシスタント(β)」をnoteの一部利用者を対象に限定リリースした。

今回新たに投入された「創作アシスタント」は昨今注目を集める「ChatGPT」と同様に、OpenAI社の人工知能モデルGPT-3を活用しているツールとなっており、創作支援の実証実験として、来週以降も続々と機能を追加していく予定だという。

本ツールの利用用途として、第1弾では「記事の切り口を提案」「タイトルを提案」「目次をつくる」「プレスリリースの構成をつくる」「童話をつくる」という5つが例として挙がっている。

同日よりリリースされたベータ版ではnoteプレミアム会員、note pro利用者、一部のクリエイターが利用の対象となっているが、すでに全利用者を対象に先行ユーザーの募集を2月28日まで実施中なので忘れずに応募しよう。

なお、同社は本ツールの公開に際し、「AIはあくまでもアシスタントであり、最終的にどんな作品にするのかはクリエイターの意志によって決まります。」とツールの位置づけを説明しつつ、「人間にしかできない創作のコアに、より集中できるようになっていく」ことをプラットフォームとして目指しているとしている。

【note】ChatGPT記事まとめ
【先行応募】GPT-3を活用した創作支援ツール「note AIアシスタント(β)」の先行ユーザーを募集!