メタバースファッションコンテスト「アバターアワード2022」授賞式を開催 史上2人目の特別功労賞に「バーチャル美少女ねむ」を選出

メタバースファッションコンテスト「アバターアワード2022」授賞式を開催 史上2人目の特別功労賞に「バーチャル美少女ねむ」を選出

メタバースファッションコンテスト「アバターアワード2022」授賞式を開催 史上2人目の特別功労賞に「バーチャル美少女ねむ」を選出

VRアバターのファッションコンテスト「アバターアワード2022」の授賞式が12月22日にニコニコ生放送で開催され、主催者特別功労賞にVTuber「バーチャル美少女ねむ」さんが選出された。同賞は「アバター文化の発展に最も貢献したバーチャルキャラクター」を表彰するもので、2020年のVTuber「キズナアイ」に続く史上2人目の受賞となる。

第3回を迎える「アバターアワード2022」では、前年を上回る200点以上の応募作品から4名の審査員が作品のキャラクター性・ファッション性・先進性を評価し選考を行われた。審査員はアニメーション監督の橋本裕之さんや『ケロロ軍曹』原作者の吉崎観音さん、編集者の軍地彩弓さん、ラノベ編集者の三木一馬さんの4名が務めた。

アバターアワード2022特別功労賞

「アバターアワード2022特別功労賞」とは、アバター文化の一般への認知度向上や文化推進に最も貢献した人に贈られる賞で、初代受賞の「キズナアイ」に続き、今回は「バーチャル美少女ねむ」が選出された。
「バーチャル美少女ねむ」は、バーチャルでなりたい自分になる【人類美少女計画】をテーマに活動している自称・世界最古の個人系VTuber。

2022年春には、自分自身の体験や数多くのユーザーへのインタビュー、そして全世界のユーザー1,200名を分析した大規模調査「ソーシャルVR国勢調査」を元にメタバースのリアルを明らかにした書籍『メタバース進化論』を出版。

【受賞コメント】
『このたびはアバターアワード特別功労賞を頂き、とても嬉しいです! 本当にありがとうございます! 私は「バーチャルでなりたい自分になる」というビジョンを実現するため、ブームになる前から個人でVTuber活動をしてきました。メタバースで生きる住人の文化を現地調査して本を出版したり、様々なメディアでアバターがもたらす人類の新たな進化の可能性を発信してきました。今はまだ私達一部のアーリーアダプターが生活している状況に過ぎないですが、いずれメタバースが一般化すると「誰もが自由に簡単に、アバターの姿を纏って、なりたい自分として生きていく」ために、VRMは最も重要な技術になると考えています。これからもバーチャル文化の最先端に挑戦して、たくさんの可能性を届けていきたいと思います。このたびは本当にありがとうございました!』

「アバター部門」受賞結果

■最優秀賞:「amele」(投稿者:大幸太一氏)
【審査員コメント】
・ポップさとキュートさ、東京KAWAIIを体現している。
後ろのリュックのネコなど、ウィットに富んでいるところも素晴らしいです。(軍地)
・動き出すとすぐに、見どころと楽しさが溢れるキャラクターであることが伝わってきました。(吉崎)
・動きのない画像のみでの書類審査では、あまり評価していなかったのですが、
ランウェイでの動きによって血が通ったような生き生きとした印象になりました。
服装の揺れ動く流れもゴージャスで良かったです。(三木)

■優秀賞:「REIRO12th 魔態遍照」(投稿者:REIRO_MCno151 VBC CLI氏)
【審査員コメント】
・物理的なデザインではあり得ない空中に浮かぶようなデザインは
アバターのファッションならではだと思いました。
髪型、ブーツに至るまで描き込まれた不思議な個性を感じます。(軍地)

■優秀賞:「Lilith」(投稿者:Yencho氏)
【審査員コメント】
・各所抑えた表現が、2D・3Dの境界を感じさせない効果を作り出していて目を奪われてしまいます。
一歩進んだ表現を感じました。(吉崎)
・服の柄が本当に綺麗。色んな物がミックスされていて
キャラクターのミステリアスさとマッチしてる気がします。(橋本)

■優秀賞:「音無むおん Cyber Punkモード」(投稿者:バーチャルしろくま氏)
【審査員コメント】
・色使いがかっこいい!帽子まで動いているのが細かい。
よく見ると靴底にまでラインが入っている!(橋本)
・まさに近未来なテクノロジーを彷彿とさせるコンセプチュアルなかっこいいアバターで、
動きもまさにそのかっこよさが体現されていて良かったです。
帽子の猫耳や、尻尾のアクセントも特徴的でいいと思いました。(三木)

※最終ノミネート作品一覧
「栗絵マナ」(投稿者:佐久間蒼乃氏) / 「グラキエース」(投稿者:thyme氏)/
「UAJ-06」(投稿者:モォズ店長氏) / 「VKILL 姫君の装い」(投稿者: HINAMIE氏) /
「とうろう蘭子」(投稿者:フィヤン子氏) / 「猫森ハクア」(投稿者:伽羅メルク氏) /
「甘野氷」(投稿者:甘野氷氏、制作協力:Luy氏)

「アバターライフ部門」受賞結果

アバター同士の交流やアバターならではの活動が伝わる最高のショットを評価する新設の「アバターライフ部門」。
応募作品40点の中から選ばれた栄えある初代受賞は『焚火を囲んでみんな野生に返るひと時』(投稿者:damakoko氏)。

【審査員コメント:アバターアワード実行委員長 大前広樹氏】
沢山の人が集まって、たき火の前で踊ったり音楽を奏でたりする様に
「あ、この日はきっととても楽しくて、特別な時間だったんだろうな」という、
幸せいっぱいの瞬間が伝わってきました。

           

バーチャルカテゴリの最新記事