フロリダ州で来年開業のSuper Nintendo World、海外初「ドンキーコング」エリアが展開へ ライドアトラクションなど多数発表


アイキャッチ画像

アメリカ・フロリダ州のオーランドで2025年に開業予定の大型テーマパーク施設「Universal Epic Universal」にて展開される、任天堂のゲーム作品をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD™」について、エリア内の最新情報が発表された。

2021年にユニバーサルスタジオジャパン、2023年にユニバーサルスタジオハリウッドで開業し、多くのファンが足を運ぶ「SUPER NINTENDO WORLD」が新設のUniversal Epic Universalにも登場するとして発表時より話題となっていたが、翌年のオープンが控える中、新情報として2つのティザームービーが公開となった。

テーマパークの関係者も多数登場しているこのムービーでは、マリオ、ルイージ、ピーチ、キノピオをはじめとしたマリオシリーズに加えて、米国初となるドンキーコングのエリアも登場。特に後者の「ドンキーコングカントリー」ではゲームの世界観を再現したジャングルのもと、バナナを守るドンキーコングとディディーコングを手伝うライドアトラクション「Mine-Cart Madness」などを遊ぶことが出来るという。

また、前者の「スーパーマリオランド」では日本と同様に、緑色の土管やブロックの数々を用いてキノコ王国を再現。拡張現実やプロジェクションマッピングを活用した「Mario Kart: Bowser’s Challenge」や「Yoshi’s Adventure」などのアトラクションの数々を体験できるとのこと。なお、2つ目のティザームービーでは完成予定のエリア内がイメージ映像にて紹介されており、ファンなら行ってみたくなる内容となっている。