アニメ『ダンジョン飯』第7話「水棲馬/雑炊/蒲焼き」先行カット―魔法否定派のセンシ、慎重派のライオス

アイキャッチ画像

毎週木曜日22時30分より放送中のTVアニメ『ダンジョン飯』について、今週2月15日(木)より順次放送・配信が予定されている第7話「水棲馬/雑炊/蒲焼き」の先行カットとあらすじが到着した。

第7話 先行カット&あらすじ

第7話『水棲馬/雑炊/蒲焼き』
地下4階へ到着したライオスたち。広大な湖を渡るために水上歩行の魔法が必要だが、魔法に否定的なセンシは使用を拒む。代わりにアンヌと名付けた水棲馬(ケルピー)に乗って湖を渡ることを提案。魔物の本心は分からないから危険だとライオスは反対するが……。

【スタッフ】脚本:佐藤 裕/絵コンテ:宮島善博/演出:中野広大/総作画監督:竹田直樹/作画監督:芳垣祐介、半田修平、竹田直樹

 

『ダンジョン飯』作品情報

ダンジョン飯。 それは、”食う”か”食われる”か―――
ダンジョン深奥で、レッドドラゴンに妹が喰われた!
命からがら地上へ生還した冒険者のライオス。
再びダンジョンへ挑もうとするも、お金や食糧は迷宮の奥底……。
妹が消化されてしまうかもしれない危機的な状況の中、ライオスは決意する。
「食糧は、迷宮内で自給自足する!」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!
襲い来る魔物たちを食べながらダンジョン踏破を目指せ、冒険者よ!

【原作】九井諒子(「ダンジョン飯」/KADOKAWA刊)
【アニメーション制作】TRIGGER

©九井諒子・KADOKAWA 刊/「ダンジョン飯」製作委員会