20年の時を経て「公安9課の存在意義」が覆った?2月3日“笑い男事件”当日に『攻殻機動隊SAC』監督が思い語る

アイキャッチ画像

士郎正宗原作、Production I.G制作によるTVシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』放送から20年を経て、物語の中核をなす出来事“笑い男事件”の作品設定上の発生時期である2024年2月3日に現実世界がついに到達。

この日を迎えるにあたり、TVシリーズ全26話を“笑い男事件”を中心に新作カットや新規アフレコを追加した総集編OVA作品『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』の上映&トークショーイベントが、2024年2月3日(土)に開催された。トークショーには、本作の監督を務めた神山健治氏、SF・文芸評論家で著書『攻殻機動隊論』を上梓した藤田直哉氏が登壇。当時の制作秘話や20年の時を経て思うことを語らった。

2ちゃんねるも影響?「笑い男」着想の原点語る

この日、2月3日は作品設定上“笑い男”がTV生中継現場に姿を現した日付であることから、“笑い男事件”をテーマにトークが展開。舞台となった渋谷のスクランブル交差点では、実際に“笑い男”の恰好をした人の姿が見られたらしく、放送から20年経った今も根強い人気を誇っていることがわかる。

まず初めに、本作で描かれたネットミームの拡散やネットを使った社会改革など、この20年で現実に起こっていることを先取りしていた内容について触れ、神山監督は、当時の携帯電話でメールがようやく140文字程度のテキストを送れるようになったが、写真はまだ送れなかったことを振り返る。

「各メーカーが『せっかく(電話で)会話できるのに、なぜテキストで会話するんだろう』と言っているのを聞いた時、自分はたぶん、テキストの方が使われるだろうと思った」と語った。電話をかけることが意外と面倒であること、テキストなら好きな時間に簡単にやり取りができるため、メールで会話する人たちが出てくるだろうと思ったとのことで、神山監督が鋭い洞察力を持って世の中を見ていたことがわかった。

話はさらに“笑い男”が生まれるきっかけへと深掘りされた。本作の題材となった小説『ライ麦畑でつかまえて』(J.D.サリンジャー著)の主人公・ホールデンの、あまり外交的ではない少年のキャラクター像について、神山監督は「今でいうPTSD(心的外傷後ストレス障害)だと思うのですが、あの小説が書かれた当時、主人公は単に不良と呼ばれていた。でも自分は全くそういうキャラクターではないと思っていて、社会と接していくのが上手くない人ほど、テキストを使った会話に親和性があると思った」と話し、ホールデンのような人物が、来るべきネット社会の主役になっていくタイプの人間であり、公安9課にとって最強の敵となるキャラクターに違いないと思ったことを明かした。

また、同作家の短編集『ナイン・ストーリーズ』に収録されている一編『笑い男』に登場する、社会との折り合いが苦手な男が、ネット社会の主人公となるだろう人物像と合致していたことが “笑い男”の話を作る契機になったという。神山監督は「ネットが今ほど発達していなかったため、『攻殻機動隊』という世界観を可視化するロジックとして、この題材をうまく織り込んでいったらわかりやすいのでは」と考えたのが発想の原点だったとのこと。

放送当時、2ちゃんねるなどの匿名掲示板で本作が語られていたことについて意識していたか聞かれると、神山監督は「顔の見えない人たちが共通の話題をベースに色々なことを語ってタイムラインが伸びていくのが、ネットが広がっていくことのわかりやすいマップ」のように感じたと話し、「たまに2ちゃんねるで話題を提供してヒーローになってしまう人が出てくるが、そうした存在を『攻殻機動隊』を作るうえでネットの概念として取り入れていたのは記憶にあります」と振り返った。

20年の時を経て、自分だけでなく「公安9課の立場」も変わった

次に、ネット社会の20年間の変遷を経て、神山監督は「描き手である僕の立ち位置も変わっていった」と切り込む。

「本作を作っていた時は、巨悪を倒そうとする側にいて、ネットを武器に正義を成す視点で描いていたが、作品を作っていく内にいつの間にか立場が逆になっていました」。正義か悪かは立場によって見え方が変わり、そこがネットの良さでもあるとした上で、「ネットは常に世代が入れ替わっており、新しい人たちのネットの見方は自分が『S.A.C.(攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX)』を作った頃とは違っていくんだろうなと感じます。ただ、自分は自分の立場から見た景色しか描けないので」と語り、こうした理解は、作品の変遷とともに変わっていったものかもしれないと分析した。

『ひるね姫』(2017年公開)では3世代の物語を描いていたが、世代の違いをどのように感じるか問われて、神山監督は「当時は、ホールデンのような人物こそがネット社会の主人公になっていくはずだと思っていたので、僕の中でたまたま少し先の未来が見えていたのかな」と語った。一方で、ネットに新たに入ってきた人たちが感じていること、使いたい言葉といったものが自分とズレたと感じる瞬間もあったようで、「だいたい10年くらいで世代交代がくるんじゃないかと思う」と語った。

また、公安9課の立場も時代の変遷で変化していったという興味深い話も飛び出した。「彼らは警察官のようなことをやっているが、中道左派くらいの立ち位置。2000年初頭くらいまでは、正義のヒーローとして存在していたが、2010年代になると“ネトウヨ”と呼ばれる人たちが出てきて、左と右が入れ替わるぐらいの体験があったような気がします。体制側にいる人間が正義を成すということははあり得ない、というような公安9課の存在意義がひっくり返った感覚もありました。正義と言う言葉も、物事を正当化するために、悪い意味で使われる場合も出てきた」と指摘し、時代の変化を語った。

話は変わり、最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』に登場するシマムラタカシと、笑い男・アオイの共通点について聞かれると、神山監督は「2010年代ぐらいにこれからはヤンキー(フィジカル)の時代が来ると言われていたが、結果的にはネット民の方が、今の社会に影響力を持っていると思っています。20年経って改めてネット社会で覇権を取っている人を最大公約数としてビジュアル化していった際、アオイ君に似てしまったんですね」と明かし、「やっぱりヤンキーの時代は来ませんでした」と言って会場を笑わせた。

初見の若い視聴者が何を思うか、興味津々

最後の質問として、作品に初めて触れる10~20代の人たちへのメッセージについて問われると、「逆にこの作品を観たときにどう感じたのか知りたいですね」と回答。「古臭いものに見えて全然ピンとこないのか、あるいは何かはリンクするものがあるのか。逆に僕が問うてみたいと思います」と好奇心を覗かせた。

最後にファンへのメッセージとして、「20年も経った作品のエピソード(笑い男事件)をこれだけ多くの人が覚えてくださっていることに感動しました。今日はどんなお客さんに来ていただけるのかとか、ドキドキしながら渋谷に来ました。(作中のモデルの)舞台になったスタバを見たんですが、ちょっと予想とは違っていました(笑)」会場もつられて笑いつつ、「長く作品を観ていただけるのは、本当に作り手冥利に尽きます。今日のこの日を一緒に共有できたことを感謝しております。皆さん、足を運んでいただきありがとうございました」と締め括り、観客から盛大な拍手を受けて本イベントは大盛況の内に幕を閉じた。

『攻殻機動隊 STAND ALONE CONPLEX The Laughing Man』作品情報

『攻殻機動隊』は、脳を外部と直接つなぐ「電脳化」技術や、「義体化」と呼ばれる肉体をサイボーグ化する技術が普及した日本で、犯罪を察知し、被害を最小限に抑える内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描いた物語。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』は、TVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全26話を“笑い男事件”を中心に新作カットや新規アフレコを追加した総集編OVA作品。(2005年制作)

2024年におきた”セラノ・ゲノミクス社”社長アーネスト・瀬良野氏の誘拐に端を発するマイクロマシンメーカー社長誘拐身代金要求企業テロ事件、通称“笑い男事件”。未解決のまま6年が過ぎていたある日、公安9課トグサの元に”笑い男事件”を追っている刑事山口から「すぐに会いたい」との連絡が入る。が、その連絡後すぐに肝心の山口は事故死してしまう。数日後、インターセプター不正疑惑に関する警察の会見中継中に“笑い男”からの犯行予告が入る・・・。ふたたび姿なきハッカー“笑い男”が動き出す。

原作・協力:士郎正宗/企画:石川光久、渡辺 繁/監督:神山健治/演出:河野利幸/作画監督:後藤隆幸/キャラクターデザイン:下村 一/メカニカルデザイン:寺岡賢司、常木志伸/美術監督:竹田悠介/美術設定:加藤 浩/色彩設定:片山由美子/特殊効果:村上正博/編集:植松淳一/撮影監督:田中宏侍/3D監督:遠藤 誠/音響監督:若林和弘/音楽:菅野よう子/制作:Production I.G/製作:攻殻機動隊製作委員会(Production I.G、バンダイビジュアル、BANDAI ENTERTAINMENT,INC.、電通、ビクターエンタテインメント、日本テレビ、徳間書店、MANGA ENTERTAINMENT,INC.) 他

草薙素子:田中敦子/荒巻大輔:阪 脩/バトー:大塚明夫/トグサ:山寺宏一/イシカワ:仲野 裕/サイトー:大川 透/パズ:小野塚貴志/ボーマ:山口太郎/タチコマ:玉川紗己子(現:玉川砂記子) 他

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会z