霜降り・粗品、2日公開『大室家』舞台挨拶にファン代表として登壇 冠番組での接点明かし、熱烈トークにキャスト圧倒

アイキャッチ画像

『ゆるゆり』の人気キャラクター、大室櫻子とその姉妹を主人公にした漫画『大室家』の劇場中編アニメーションの第1作目『大室家 dear sisters』について、2月2日(金)の公開に先立ち、完成披露先行上映会が1月30日(火)に新宿バルト9にて開催された。

本編上映後に実施された舞台挨拶にはメインキャラクターの三姉妹を演じる加藤英美里(大室櫻子役)、斎藤千和(大室撫子役)、日高里菜(大室花子役)が登壇し、キャストトークが展開。ステージ後半からスペシャルゲストとして霜降り明星の粗品が姿を見せた。

粗品の愛にキャストも圧倒

この日は『ゆるゆり』『大室家』ファン代表として登壇した粗品、ファンになったキッカケについて「芸人を始めた12年ぐらい前に『ゆるゆり』が始まって、なんとなく見るようになったんてです。それ以来のファン!」と自ら解説。以降ファンとして、2020〜2022年にTBS テレビで放送していた冠番組「霜降りミキ XIT」で、『ゆるゆり』赤座あかり役の三上枝織がナレーションを担当した際、「三上さんに(『ゆるゆり』OP 主題歌の)『ゆりゆららららゆるゆり大事件』をどうしても歌ってほしくて、レコード会社に許諾を取ってもらったぐらい好きなんです!」とアピールした。

続いて初お披露目となった本作の感想を聞かれた粗品は、「エモいですね。家族のつながりや姉妹の関係性にも心を掴まれたし、やっぱり撫子の恋人は気になる!」と興奮気味。「ファンとしての考察いいですか?恋人は(八重野)美穂やと思う! 美穂は撫子の好みをよく知っていて、それによって普段から一緒にいる感じが出てしまっていた。でもバレると思ってカモフラージュしてましたよね。電話のシーンで撫子にああ言わせる相手ということは、表では S やけど 2 人のときは甘えん坊なタイプなんやないかなーって」と怒涛の考察トークを展開。

これに斎藤が「ということは粗品さんは美穂が一番タイプなんですね?」と切り込むと、粗品は照れた表情を見せつつ、「普通の恋愛がキュンキュンなら、『大室家』の恋愛はギュンギュンくる! ホンマに恋人が誰か知らないんですか?」と斎藤に逆質問。「知ると消されるらしくて」という斎藤の答えを受け、「そんなに厳戒態勢なのに考察話して大丈夫なん!?」と途端に不安がるやりとりも。

また、加藤から「この三姉妹の中で推すなら?」と聞かれると「花子かな〜。可愛い!」と回答。「でも3人それぞれに名シーンあるのでマジで決めあぐねてます。櫻子が花子にあることをしてくれるシーンは、そんなタイプやと思ってなかったのもあって泣きそうになりました。花子は、友達のみさきちと学校に行くシーンがめちゃくちゃ好きですね。撫子は、ラストシーンが素敵すぎました。エンドロールも注目ですよ!」と、早口で三姉妹それぞれの見どころを語り尽くし、キャストを圧倒した。

「かわいさ」賭けてキャストチームvs粗品で対決

トークに盛り上がったところで特別企画「粗品に挑戦! かわいい大喜利!」を行うことに。映画に登場する1シーンを見て、「かわいいセリフ」を考案。通常の大喜利なら面白さで決着するが、今回の判断基準は「かわいい」。キャストチームと粗品で対決し、観客の拍手で勝敗が決まる。

キャストチームは、加藤が早速スラスラと書き始めた。「櫻子を信じよう」と斎藤が見守ると、日高は「うん、かわいい!」と太鼓判。加藤が出したの答えは、映画本編のセリフでもある『ねえちゃん、ぎゅーしよ』。「これしかない! これに応えてくれる撫子姉ちゃん撫子も優しいんですよ」と加藤は自信たっぷり。

キャストチームの完璧な答えを受けた粗品。「僕も作中のセリフで戦います。もっといいシーンありました」と言いながら出した答えは、『アーモンドアイまた勝ったよ~』。競馬好きの粗品らしい答えに、「そんなセリフないから!」と加藤は爆笑しながらツッコミを入れる。「確かに重賞に勝ったらこんな表情になりますね!」という MC の言葉に、斎藤も「そう言われるとそう見えてきた!」とノリノリ。「いやいや見えないですから~!」と日高が頭を抱え、会場は爆笑の渦に巻き込まれた。しかし勝敗を決めるのは『大室家』のファンたち。粗品も大健闘したが、キャストチームの勝利で大喜利は幕を閉じた。

イベントの最後には「本当に素晴らしい作品です!声優さんの演技も、作画もいいし、細かい演出やカット割りなど、スタッフさんのお仕事も含めて最高なので、ぜひ観ていただきたいですね」と明日の公開への期待を誘うコメントを寄せていた。