円谷プロ×東映アニメの怪獣キャラがMRの世界に集結!新作アクションゲーム「KAIJU DECODE -super multiverse MR-」発売決定

アイキャッチ画像

円谷プロと東映アニメーションによるオリジナルアニメ『KAIJU DECODE 怪獣デコード』のゲーム化として、Meta Quest 3/Pro対応のMRアクションゲームの発売が決定した。

タイトルは『KAIJU DECODE -super multiverse MR- 』で、2024年2月22日(木)より各アプリストアにてリリース予定のほか、無料でプレイできる体験版も同日に配布を開始する。

本作では、円谷プロと東映アニメーションの作品に登場する様々なキャラクター、そし怪獣たちが複合現実(Mixed Reality)技術により迫力のある演出で現実空間に登場。ヘッドマウントディスプレイに映し出された現実空間をバトルフィールドに、他の宇宙と繋がったレーンが出現するといい、他の宇宙からの侵攻を防ぐために守護神「ウーク」と協力して敵を倒していくゲームスタイルとなっている。

レーンにそって侵入してくる敵を素早く、正確に机を叩いて撃退することでステージが進行、難易度はステージごとに変わり、ボスとして登場する「キャラクター」や「怪獣」もさまざまとのこと。また、ランク機能『チャレンジモード」も搭載しており、世界中のトランス戦士(プレイヤー)たちとスコアを競い合うこともできるという。

『KAIJU DECODE -super multiverse MR- 』
発売日:2月22日
価格:¥1,490(税込)
対応デバイス:Meta Quest 3 / Meta Quest Pro など

©円谷プロ・東映アニメーション