1億DL超えの人気ゲーム「崩壊:スターレイル」が早くもApple Vision Proに対応

アイキャッチ画像

HoYoverseのスペースファンタジーRPG『崩壊:スターレイル』は6日、最新バージョンのVer.2.0「真夜中に夢を見るなら」を配信。Ver.2.0から「Apple Vision Pro」の互換モードに対応した。

Apple Vision ProとはApple社が昨年6月に発表した同社初となるMRヘッドセット。“AppleのVR”として発表直後より話題を集め続け、ついに2月2日よりアメリカにて一般販売がスタート。日本含むアメリカ国外では本年下半期頃の発売を見込んでいる。

そんな“未来のデバイス”として銘打ち展開するVision Proで「崩壊:スターレイル」の対応が早くも完了。なお、Meta Quest等で楽しむ没入感に富んだモードではなく、iPadのようにスクリーン上にゲーム画面が映し出される互換モードでの対応とのことで、高精度なパススルーカメラによる外界も意識した体験が行えることが見込まれる。

プレイスタイルとしてはVision Proで前面に映し出されたゲーム画面を見て、手元にコントローラーを用意して操作することが想定されている。対応版アプリはApple Vision ProのApp Storeを通じてダウンロードができ、コントローラについては現時点でPlayStation DualSense、一部のXboxワイヤレスコントローラー(Xbox One、Xbox Series Xなど)が対応しているという。