『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』アニメ化決定 “生”と“性”の本質を描くゾンビパニックアクション

アイキャッチ画像

ライトノベル作品「ソンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」のアニメ化が決定した。本作は男性向け小説投稿サイト「ノクターンノベルズ」にて投稿されたノベルシリーズを原作に、小説書籍版、コミカライズ版あわせてシリーズ累計発行38万部を突破している。

主人公の主人公らしからぬ言動の数々がWEBを中心に話題になっているといい、斬新な設定と怒涛の展開で“生”と“性”の本質を暴き出すゾンビパニックアクションになっている。この度本作のアニメ化が決定し、AT-Xで放送されることが明らかになった。

ある日、突如として街中にゾンビがあふれ、次々と人々が襲われるなか、なぜか自分だけゾンビに襲われない体質を得た武村。ゾンビ映画であればその能力を駆使し、ゾンビに立ち向かいそうなところを、武村は欲望の赴くままの行動に出る…。

【原作】
小説「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」(ノクスノベルス/フロンティアワークス刊)
著:裏地ろくろ イラストレーター:サブロー
コミカライズ「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」(COMICらぐちゅう/フロンティアワークス刊)
漫画:増田ちひろ 原作:裏地ろくろ キャラクター原案:サブロー

© Masuda Chihiro・Uraji Rokuro / Frontier Works Inc.