『薬屋のひとりごと』が厚生労働省とタイアップ!適材適所過ぎる「これ、毒です。」電子処方箋の啓発ポスターなど

アイキャッチ画像

2023年10月より放送中のTVアニメ『薬屋のひとりごと』について、厚生労働省が推進する「電子処方箋」および電子お薬手帳アプリ「EPARKお薬手帳」とのタイアップが決定。本日2月1日(水)よりキャンペーンがスタートする。

厚生労働省「電子処方箋」とのタイアップ決定!

今回コラボすることとなる「電子処方箋」は厚生労働省普及の拡大を図っており、紙で発行していた処方箋を電子化することで、同じ成分の薬を複数の医療機関・薬局から処方され服用する“重複投薬”や飲み合わせの悪い薬の組み合わせ“併用禁忌”などを医療機関・薬局が発見しやすくなる仕組みを備えている。

タイアップ啓蒙ポスター

そんな「電子処方箋」とTVアニメ『薬屋のひとりごと』とのタイアップが決定し、タイアップの一環として医療機関や薬局などで掲出されるコラボ啓蒙ポスターが制作された。猫猫の印象的なセリフでもある「これ、毒です」というコピーが目を惹くビジュアルになっている。

さらに厚生労働省が編集協力を行う雑誌「厚生労働」ともスペシャルコラボが決定。表紙には主人公・猫猫が登場し、中面には猫猫役 悠木碧のインタビュー記事が掲載される。

お薬手帳アプリ「EPARKお薬手帳」にTVアニメ『薬屋のひとりごと』着せ替えが登場

また、全国の薬局・病院で利用できる無料のお薬手帳アプリ「EPARK お薬手帳」とも同じくタイアップが決定。「EPARKお薬手帳」アプリに『薬屋のひとりごと』の着せ替えが、アニメ作品との着せ替えコラボは初めての試みとなる。着せ替えは全3種類公開(順次)。各機能へのアイコンもかわいい猫猫と壬氏になっているという。

『薬屋のひとりごと』作品情報

後宮を舞台に「毒見役」の少女が、宮中で起こる様々な難事件を次々に解決する、
シリーズ累計2400万部突破の大人気後宮謎解きエンタテインメントが待望のアニメ化!

【原作】日向夏(ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊)
【アニメーション制作】TOHO animation STUDIO×OLM
【放送】10月21日(土)25:05〜日本テレビにて初回3話一挙放送

©日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

厚生労働省 特設サイト