ホロライブ、所属VTuberの夜空メルを契約解除「機密情報の漏洩」発覚、2月末でチャンネル閉鎖へ(本人コメント追記)

アイキャッチ画像

カバー株式会社は16日、VTuberプロダクション「ホロライブ」に所属する夜空メルのタレント契約を解除したと発表した。契約解除の理由は、機密情報の漏洩などの契約違反行為によるもので、同日付で文書を公表している。

夜空メルはホロライブ1期生として2018年5月にデビューしたVTuber。“血が苦手なバーチャル吸血鬼”としてゲーム実況や歌唱動画、コラボ配信などを行い、登録者数は2024年1月時点で87万人を超える。ホロライブ2期生「癒月ちょこ」とユニット『メルティキッス』を構成していたほか、オリジナル楽曲を発表するなど、配信外でも活動の幅を広げていた。

カバーは、夜空メルの契約解除について「弊社から取得した機密情報や、やり取りを許可なく第三者に漏洩するといった契約違反行為が認められたため、企業としてマネジメントやサポートを継続することが困難と判断し、当該タレントと合意の上、本決断を選択いたしました。」とコメント。「ファンや関係者の皆様におかれましては、「ホロライブ」一期生デビュー以降、5年8ヶ月に渡る「夜空メル」の活動に多大なるご声援をいただきましたこと、深く御礼申し上げます。」と寄せた。

発表資料:「夜空メル」契約解除に関するお知らせ

なお、夜空メルの活動するYouTubeチャンネルについては2月末をもってクローズ、メンバーシップの提供も同じく2月末に終了することを予告している。

追記…17時50分に同氏公式Xにて「夜空メルよりメッセージを預かりました」として運営のホロライブよりメッセージコメントを発表。「お世話になった皆さんにこのような形でお別れになってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。」と謝意を述べた上で「かぷ民のみんなと叶えたかった夢がありました。約束守れなくてごめんなさい。でもかぷ民やホロメンの皆との思い出はなくなるわけじゃありません。この先も忘れることはありません。 皆のことをずっと見守っています。ずっと大好きです。」とコメントしている。

詳細はXアカウント(@yozoramel)を参照。