大手VTuber企業のBrave、中国とタイに現地法人を設立 海外進出は累計10拠点に

アイキャッチ画像

「ぶいすぽっ!」プロジェクトを始めとするVTuberコンテンツを手掛ける株式会社Brave groupは18日、自社の新たな海外展開として中国とタイに現地法人を設けたことを発表した。

11月にはタイ・バンコクに「Brave group APAC(Thailand)」を、翌12月には中国・深センに「Brave group China」を設立。英語圏や欧州圏に続き、アジア圏での事業展開にも注力する考えだ。

Brave groupは、「世界に、日本の冒険心を」というパーパスを掲げ、「80億の、心をうちぬけ」というミッションのもと、VTuberの総合プロデュースを行うIP事業やバーチャル学園都市「MEキャンパス」の運営など、様々な事業を展開している。

VTuber市場は国内外を問わず拡大の一途を辿っており、海外発のプロダクションや個人活動を行うタレントも増加している。同社はこれを受け、積極的な海外投資を敢行。米国・サンフランシスコと英国・ロンドンにも法人を設立し、英語圏や欧州圏を対象に新たなVTuberプロジェクトを開始していた。

事業のグローバル展開を加速させるため、4カ国での海外法人設立を行い、英語圏や中華圏、欧州市場を対象にグローバルオーディションを実施、複数の海外プロジェクトを行っており、既存プロジェクトを含めて合計20名の海外VTuberがデビューし活動の幅を拡げている。