『傷物語』総集編アニメ上映開始 再録経た主演陣が見どころ伝授「青春怪異小説の原点」と語る

アイキャッチ画像

〈物語シリーズ〉新作総集編アニメーション『傷物語 -こよみヴァンプ-』の公開が1月12日(金)より全国の劇場にて始まった。

『傷物語』は、西尾維新『化物語』の前日譚にして、〈物語〉シリーズの原点。アニメは原作小説「傷物語」を、「Ⅰ鉄血篇」、「Ⅱ熱血篇」、「Ⅲ冷血篇」の全三部作として、2016年に劇場映像化。8年の時を経て翌年、「Ⅰ鉄血篇」、「Ⅱ熱血篇」、「Ⅲ冷血篇」を新たに総集編として再構成し、『傷物語-こよみヴァンプ-』として公開中。

アフレコも一部最終六、初見&リピート勢に見どころ伝授

この度『傷物語 -こよみヴァンプ-』の劇場公開を記念した舞台挨拶イベントが公開翌日の1月13日(土)に開催。イベントには阿良々木暦役神谷浩史さん、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役坂本真綾さんが登壇するトークステージが行われ、当日の東京新宿バルト9には満員の物語シリーズファンが足を運んだ。新年の時期且つ、作品ロゴが金色にて、ステージ上には金屏風も置かれ、坂本さんからは登壇早々に「まさか神谷さんと二人で金屛風の前に・・・めでたい!」と嬉々とした感想を述べた。

2016年の「Ⅰ鉄血篇」より、8年ぶりに総集編として劇場公開となった本作。映像作品として公開されることを最初聞いた坂本さんは「この作品はスクリーンで観るために生まれた映像。もう一度観ることができるのは嬉しい」と感じたとのこと。また、今回は3部作分を編集・再構成したことにより、アフレコも一部再収録を実施。久しぶりに『傷物語』としての阿良々木暦を演じた神谷さんは「物語シリーズ時の自分の儀式は、原作と台本を照らしあわせる時間。今回は原作、前回3部作の台本、今回台の本の3つを比べ合わせて、台本をチェックした」とアフレコ収録のエピソードを語った。

そして、この日の会場には今回初めて『傷物語』を観る方もいたとのことで「全部ですよ!本当に全部です。監督が人生の何分の一をかけて作った渾身のフィルム。全てを楽しんでほしい。」と神谷さんから初見の方へ向けたコメントも伺えた。逆にリピートを決めている方には、坂本さんより「この傷物語の好きなところは“間”。“間“にある”美“。」と一つ一つの表現の部分を上げ、神谷さんからは「原作・漫画・アニメの違いを含めて楽しんでみたら」というアドバイスも。物語シリーズの魅力を一言で、という問いに神谷さんは、『青春怪異小説の原点・古典』とコメントする一方で、坂本さんからは「物語シリーズと神谷さんは、一心同体」とアツくも笑いを誘う一幕も繰り広げられた。

フォトセッションでは、作品内で登場する約2mの妖刀心渡をモチーフにしたパネルでの記念撮影も実施。最後観客の皆さんへのメッセージでは、坂本さんからは「公開を待ち望んでいた皆さんありがとうございます。長年愛される作品に携われて幸運」、神谷さんからは「作品を楽しむ上で劇場は一番良い環境。最初から最後まで見逃すことなく、世界観にどっぷり浸かってほしい。終わった後、何か自分の心が動かされるはず」と、ファンに向けたコメントがあり、記念舞台挨拶は幕を閉じた。

『傷物語 -こよみヴァンプ-』作品情報

2024年1月12日(金)より全国ロードショー

阿良々木暦が彼女と出会ったのは、ある夜のことだった。
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。
伝説の吸血鬼。怪異殺し。怪異の王。
腕も脚も無残に引き千切られ、豪奢なドレスを赤く染めて、無惨な姿で血の海に倒れる化物。
しかし暦は、そんな彼女を美しいと思った──

西尾維新による小説をシャフトがアニメ化した〈物語〉シリーズの、原点。
三部作として公開された映画『傷物語』が、ひとつの物語となる。
全ての〈物語〉のはじまりを、ふたたび。

【原作】西尾維新「傷物語」(講談社BOX)
【アニメーション制作】シャフト
【配給】アニプレックス
【チケット情報】上映劇場にて12/16(土)より販売開始予定 /特典:A4クリアファイル(キービジュアル仕様)/1,600円(税込)

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト