アニメ『ダンジョン飯』エンディングは原作者が全編描き下ろし 緑黄色社会のパーティソング彩る【ED映像公開】

アイキャッチ画像

全国28局にて放送&地上波同時配信が実施中の新作TVアニメ『ダンジョン飯』について、第2話「ローストバジリスク/オムレツ/かき揚げ」が1月11日(木)22時30分より順次放送を開始。同エピソードにてエンディング映像が初公開となったことを受けて、この度ノンクレジット映像がKADOKAWA公式YouTubeにて公開された。

エンディング映像では緑黄色社会が歌うエンディング主題歌とともに「Party!!」とともに挿絵の数々がスタッフロールとともに流れており、エンディング映像は全編「原作・九井諒子先生の描き下ろしイラスト」が用いられているという。主題歌を担当した緑黄色社会は就任発表時に「ライオス率いるパーティーに仲間入りをさせてもらうような気持ちで楽曲を制作しました。緑黄色社会がお届けするパーティーソングが毎話毎話楽しみなデザートになることを祈っています。」とコメントしており、これから繰り広げられる“ダンジョン飯”の数々に期待が高まるような一曲に仕上がっている。

https://www.youtube.com/watch?v=jio_17jg980

『ダンジョン飯』作品情報

ダンジョン飯。 それは、”食う”か”食われる”か―――
ダンジョン深奥で、レッドドラゴンに妹が喰われた!
命からがら地上へ生還した冒険者のライオス。
再びダンジョンへ挑もうとするも、お金や食糧は迷宮の奥底……。
妹が消化されてしまうかもしれない危機的な状況の中、ライオスは決意する。
「食糧は、迷宮内で自給自足する!」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!
襲い来る魔物たちを食べながらダンジョン踏破を目指せ、冒険者よ!

【原作】九井諒子(「ダンジョン飯」/KADOKAWA刊)
【アニメーション制作】TRIGGER

©九井諒子・KADOKAWA 刊/「ダンジョン飯」製作委員会