『五等分の花嫁』アニメ放送5周年で700点超えの原画を一挙展示 入場特典は婚約証明書風〈レポート〉

アイキャッチ画像

東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYAでは1月21日(金)までの開催限定で特別展〈「五等分の花嫁」アニメ原画展 Engagement〉が開催中。

本イベントは春場ねぎ先生による、コミックシリーズ累計2000万部突破の『五等分の花嫁』より、TVアニメシリーズが放送5周年であること記念して開かれた原画展。館内は、2021年放送のTVアニメ『五等分の花嫁∬』、2023年夏放送のTVスペシャルアニメ『五等分の花嫁∽』エリアと、2022年公開の映画『五等分の花嫁』エリアがらなり、およそ700枚以上の原画が展示されている。

エントランスで五つ子たちが出迎えてくれると見られる『五等分の花嫁∬』エリアでは、エピソードごとに五つ子たちそれぞれの原画を多数展示。キャラクターの印象的なセリフも散りばめられており、ストーリーを振り返ることができるほか、エリアの一角では結婚式を思わせる装飾が施されており、タイミングが良ければ鐘の音も聞ける演出も。五つ子たちと同じ座席に座り、写真が撮影できるフォトスポットも用意されている。

続く『五等分の花嫁∽』エリアは、アニメ制作のフローを展示とともに解説されおおり、企画段階からキャラクターのデザイン、さらには設定ボードや原画と、映像が出来上がるまでの過程を詳しく知ることができる。原画の数も膨大で、五つ子たちや風太郎、サブキャラクターのコミカルな表情も原画で楽しめる。

最後の映画『五等分の花嫁』エリアでは、劇場で見せた五つ子たちの様々な表情をクローズアップ。劇場版は物語の完結まで描いた作品であり、思い入れの強いシーンの数々を振り返ることができる。エリアの最後には展示のフィナーレとなる、花嫁衣装の描き下ろしイラストに金箔加工を施した等身大パネルが設置されていた。

なお、本イベントの入場特典は婚約証明書風台紙と、えらべるブロマイド(全5種)のセットとなっている。イベントは渋谷モディ内2階の「東京アニメセンター」にて1月21日まで開催中。

©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁∽」製作委員会