【新作紹介】アニメ『ゆびさきと恋々』初回から“色遣いが丁寧”“先輩に胸キュン”と魅せられる視聴者続々

アイキャッチ画像

2024年1月より放送が始まる新作TVアニメ『ゆびさきと恋々』について、1月6日(土)22時30分より初回エピソードとなるSign.1「雪の世界」の放送がTOKYO MXほかにて行われた。

『ゆびさきと恋々』は、累計発行部数360万部を突破しSNSなどでも反響を集める、講談社「月刊デザート」にて連載中のマンガ作品。聴覚障がいがあって耳が聴こえない女子大生の「雪」がある日、困っているところを同じ大学生の先輩「逸臣」に助けてもらうことから始まり、事前に接してくれる逸臣に対し、自分に新しい世界を感じさせてくれるように感じた雪は次第に意識し始めて…とのピュアラブストーリーが描かれる。

そんな本作を原作とするTVアニメがいよいよスタート。耳が聴こえないという主人公視点で描かれることから、物語は静寂が保たれて進行する。作品の特性上、発話による心情表現に制限があるかわりに、心の中で語られる主人公のセリフや映像表現がより作品に深みをもたらしており、今後の雪と逸臣の行方を気になるものにさせていた。

今後の展開に注目される中、第1話にて初公開となったオープニングとエンディングのノンクレジット映像も公開に。

オープニング映像では、Novelbrightが歌う「雪の音」に乗せて、雪が舞い落ちる灰色の世界にたたずむ登場人物たちが映し出される。雪のが逸臣と出会ったことで生まれた気持ちを、華やかに色づく“街”で再現されているほか、“雪の世界に僕を見つけて”という逸臣の想いも藤の花が満開に咲く藤棚の下で二人が優しく見つめ合う姿として描かれている。両映像はMBS公式YouTubeチャンネルにて公開中。

『ゆびさきと恋々』原作情報&作品情報

「ゆびさきと恋々」著:森下suu(講談社「KCデザート」刊)

ゆびさきと恋々(1) (デザートコミックス)

ゆびさきと恋々(1) (デザートコミックス)

森下suu
550円(02/24 06:31時点)
発売日: 2019/12/13
※プロモーションを含みます

【原作】森下suu(講談社「月刊デザート」連載)
【アニメーション制作】亜細亜堂
【放送】2024年1月からTOKYO MX、MBS、BS日テレにて放送開始
【配信】2024年1月6日(土)22:30~ABEMA・U-NEXT・アニメ放題にて、地上波同時先行配信

©森下suu・講談社/ゆびさきと恋々製作委員会