【紅白】YOASOBI「アイドル」豪華ゲスト陣の中で異彩を放った“オタク”は何者?実は曲中にも出演するアキバ系ダンサー集団

アイキャッチ画像

2023年12月31日(日)夜に音楽特番「第74回紅白歌合戦」が放送され、アーティストのYOASOBIが出演。TVアニメ『【推しの子】』オープニング主題歌の「アイドル」を披露した。

この日YOASOBIが出演したのはラスト3曲目という番組終盤。開催当日、本番に先んじて「アイドル」のステージ内容が“ゲスト出演でのダンスパフォーマンス”を伴うことが発表されていた。同楽曲が“TV初披露”であったことも加わり、多大な期待が寄せられた中、ステージが始まるとYOASOBIによる歌唱演奏とともにSEVENTEEN、乃木坂46、NiziU、BE:FIRST、NewJeans、JO1、StrayKids、櫻坂46、LE SSERAFIM、MISAMOといった各音楽界の第一線で活躍するゲスト陣が畳み掛けるように登場。終盤には橋本環奈とanoが登場する粋な演出にSNSでは話題沸騰、X(旧Twitter)では関連ワードがトレンドに並んだ。

そんな“紅白ならでは”が繰り広げられた今回のYOASOBIのステージだが、数々の著名アーティストゲスト陣の中で特に異彩を放った“アクロバットなダンスを披露するオタクたち”がいた。彼らは「REAL AKIBA BOYZ(リアルアキバボーイズ)」として活動するオタクダンスパフォーマンス集団。

日本代表として世界大会に出場するなど高いダンス知識と経験を活かし、アニソンやボーカロイド楽曲に振付した「踊ってみた動画」をYouTubeやニコニコ動画に投稿しており、動画の総再生回数は3億回を超える。日本最大のアニソンライブ「Animelo Summer Live」や世界規模のYouTubeイベント「YouTube FanFest 2022」の出演歴を有する。

その活躍はネット上やイベントにとどまらず、実は今回披露した「アイドル」では曲中に展開されるコールパートも担当しており、アイドルという存在に欠かせない「オタク」を力強いコールで見事に表現していたことで注目を集めていた。YOASOBIもステージの終了後、自身のXにて「コールだけではなく、ダンスでご一緒できて嬉しかったです!ありがとうございました」と感謝を伝えていた。

「アイドル」の映像はダイジェスト版がNHK MUSIC公式YouTubeチャンネルにて公開されている。