阿蘇の麓で邪神ちゃんが大暴れ、意外なコラボも?アニメ『邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】』26日深夜放送

アイキャッチ画像

『邪神ちゃんドロップキック』のTVアニメシリーズ最新作『邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】』が12月26日(火)24時05分よりBS日テレにて、ニコニコ動画とYouTubeでの同時配信にて放送される。

『邪神ちゃんドロップキック』はWebコミックサイト「COMICメテオ」で2012年から連載中の同名マンガを原作とするコメディ作品。中二病の女子大生・花園ゆりねと、彼女が召喚に成功した下半身がヘビの悪魔・邪神ちゃん、そして個性豊かなキャラクターたちが織りなすコメディが人気を博し、2022年にはアニメ第3期が放送。現在第4期のTVアニメ化に向けてクラウドファンディングを募っており、3,000人以上から1億円を超える支援を受け取り、今年5月に行われた「邪神ちゃんフェス」では延べ3,000人を超える来場者を集めるなど、根強い人気を持つ。

そんな本シリーズのアニメ最新作として、第4期に先駆けて制作された『邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】』は熊本県高森町とのふるさと納税コラボレーションにより実現した企画。シリーズとしてはこれまで千歳市、帯広市、釧路市、富良野市、南島原市と地方自治体とのコラボレーションによるアニメ製作を行っており、これらのノウハウを活かした新たなアニメ制作プロジェクトとなっていた。

弊誌では12月23日(土)に実施された先行試写会を取材していた。自然豊かな阿蘇山脈のふもとにある高森町で邪神ちゃんたちのドタバタ愉快な騒動と物語が展開される本作、放送前につきネタバレを含むような内容は言及できないが「意外なコラボ」が見られるかもしれない?とだけお伝えしたい。詳しくは放送・配信をチェック。

〈レポート〉ふるさと納税で『邪神ちゃん』新作アニメを制作、熊本に縁あるキャスト&キャラ大集合 先行試写会ではミニライブや裏話も

また、TV放送よりも早い23時50分頃からAmazon Prime Videoにて本編データのダウンロード販売を開始するというユニーク過ぎる試みを行うことで先日注目を集めていた。購入した映像データは今夜の放送後に、YouTubeまたはニコニコでのアップロード・二次創作作品の公開が可能となる。配信チャンネル運営者は、KADOKAWAの「CSP(クリエイターサポートプログラム)」に参加することで、広告収入を得ることもできるという。

「違法より早い切り抜き」「転売より安い販売」などの企画で話題を呼んだTVアニメ『邪神ちゃんドロップキック』だが、今後も常識にとらわれない様々な工夫をしながら、さらに視聴者に楽しんで頂けるコンテンツを提供するとのことだ。