『邪神ちゃん』アニメ全作を二次創作で利用可能に 新作を“放送前に販売”異例の取り組み

アイキャッチ画像

KADOKAWAはアニメ『邪神ちゃんドロップキック』シリーズについて、同作のYouTubeでの映像利用許諾の範囲を拡大すると発表した。これまでは3期「邪神ちゃんドロップキックX」のみが対象だったが、過去放送の1期と2期、12月26日に放送開始となる最新作「世紀末編」も対象となる。

1期〜3期の映像の利用可能範囲は、YouTubeで公開するコンテンツ1件あたり1話10分までだが、「世紀末編」については時間の制限なく利用が可能となる。ガイドラインに沿って利用すれば、YouTube・ニコニコ等での映像を映しながらの同時視聴や、切り抜き動画、解説・考察動画等の公開、収益化が可能になるという。

さらに、今後放送の「世紀末編」については、TV放送に先駆けてデータ販売が行われるという異例の取り組みも。データを購入することで、放送開始以降、二次創作作品を公開可能となる。

この発表に際し、アニメ公式Xは「こうすることで、画面を映さずに実況配信をしている方たちや、違法アップロードで広告収益を稼いでいる方たちの力も活用して作品を広めていきます!」とコメント。クリエイターと一丸となって作品を盛り上げる姿勢を示した。