東京ドームで「アイマスのスノハレ」「ラブライブのM@STERPIECE」作品を跨ぎ名曲を歌い上げる一幕に会場の熱量MAX〈レポート〉

アイキャッチ画像

12月9日(土)と10日(日)の2日間、東京ドームにて「異次元フェス アイドルマスター★♥ラブライブ!歌合戦」(以下「アイラブ歌合戦」)が開催された。

『アイドルマスター』シリーズと『ラブライブ!』シリーズとが合同で実施するライブイベントとして、両日合計100曲をシリーズの垣根を超えて披露した中、会場やオンライン配信、開催後のSNSで特に注目を集めた一幕がDAY2の終盤に繰り広げられた。これまでにも「コッットンキャンディえいえいおー!」をアイドルマスターの面々が歌い上げるなど非常に貴重な演目が行われてきたが、終盤にはそれぞれの作品を代表する名曲が並んだ。

M46「コットンキャンディえいえいおー! 」

【関連】セトリ速報:アイマス×ラブライブ合同イベント「アイラブ歌合戦」東京ドームで開催

1曲目に披露されたのはラブライブ!から2010年リリースされた「Snow halation」(通称スノハレ)。スクールアイドルグループのμ’sによる“不朽の名曲”としてラブライブ!のファンのみならずアニメファンにも親しまれているこの楽曲を、同日に出演したアイドルマスターのアイドル(演者)たちが全員で披露。

曲名にもあるとおり“雪”や“冬”を意識した楽曲であるため、演目が始まるやいなや会場一面が真っ白のペンライトで染まり、最高気温19℃という異例の暖かさを記録したこの日でも美しい銀世界を見ることが叶った。アイドルマスターの実力派演者の面々による華麗なダンスと歌唱で一番と二番を駆け抜けると、いよいよ本楽曲の最大の魅せ場であるラスサビ(最後のサビ)へ。

過去のライブではアニメPVになぞらえラスサビ時に会場カラーを「白→オレンジ(高坂穂乃果カラー)」に転換する演出を再現することが定番になっていた。今回はアイドルマスターとの合同ということもあり、記者は「完璧な“スノハレオレンジ”を見ることができるのか?」と些か心配事ではあったものの、実際に見てみると全くの杞憂だった。

ラスサビの「♪届けて切なさには〜」と歌唱する瞬間、ケミカルライトを発光する「パキパキ」という音が会場から一斉に響き渡り、(詳細な算出は不可能だが)少なく見積もっても来場者の90%以上がサイリウムを掲げ、会場一面がオレンジ色に光り輝き、過去最大級の眩しさに包まれた。これについて、イベント終了後のSNSでは「UO(ライトの商品名)持ってなかったけど隣の人がくれて泣いた」「周りの人たちが配っていた」と報告をする参加者が続出し、多くのファンやプロデューサー(アイドルマスターのファン)の協力によって生み出されていたことが話題に。

同楽曲の披露は2020年開催の「ラブライブ!フェス」以来、東京ドームでの披露となるとμ’sのファイナルライブ以来実に2,800日ぶり。同じ“アイドル作品”でありながらも異なる道を歩んでいたアイドルマスターが披露するというアツい展開に会場は大盛りあがりとなった。

会場に響き渡った衝撃とオレンジのサイリウムライトの光が収まらぬまま、続いたのはアイドルマスターを代表する楽曲「M@STERPIECE」。本楽曲は765PRO ALLSTARSによる全体曲にして、劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の主題歌として2014年にリリース。劇場版の作中では本楽曲がフルコーラスにて届けられ、A-1 Picturesによる渾身のライブシーンとともに“最高傑作(マスターピース)”を演出していた。

M49「M@STERPIECE」

そんな本楽曲のイントロがラブライブ!の出演者の登場とともに始まると、早速作中になぞらえて統制の取れた手拍子が会場から届けられ、会場の熱気は再び最高潮に。ラブライブ!の計4ブランドが集結しパフォーマンスを繰り広げると、終盤には長いステージの端から端まで一列に並んだ上で、互いに手を取りプロデューサーとラブライブ!のファンへ思いを捧げて曲を締めた。

今回披露された2曲はいずれも“初代”とも称されるブランドによる楽曲で、オリジナルメンバーではない、且つ、別の作品がカバーするという“異次元”すぎる状況下で生まれた。加えて「一瞬の輝き」「永遠の輝き」という相反する両作品のコンセプトを織り交ぜることで、乖離ではなく「柔和」をもたらすという新たな発見が出来たように感じた。

▼左:DAY1写真/右:DAY2集合写真

zまた、後者の「M@STER PIECE」の際にはラブライブ!より2020年に始動した「Liella!」と本年に本格始動した「蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ」というた較的新しいブランドのキャストも出演。“東京ドームという大舞台”で“先輩達と同列”に”異なる作品の楽曲を歌う”という幾重にも緊張感の走る中でも、圧巻のパフォーマンスを魅せた彼女たちにもより一層注目していきたい。

【関連】アイマス×ラブライブ、両者の愛とリスペクトも感じられた「アイラブ歌合戦」DAY1レポート(写真21枚)

「異次元フェス アイドルマスター★♥ラブライブ!歌合戦」は12月18日(月)までABEMA PPV・ASOBISTAGEにてアーカイブ有料配信が実施中。

異次元フェス アイドルマスター★♥ラブライブ!歌合戦
【日程】
Day.1:2023年12月9日(土) 開場15:00/開演17:00
Day.2:2023年12月10日(日) 開場15:00/開演17:00
【会場】東京ドーム
【出演】『アイドルマスター』シリーズ:アイドルマスター シンデレラガールズ・アイドルマスター ミリオンライブ!・アイドルマスター シャイニーカラーズ/『ラブライブ!』シリーズ:Aqours(ラブライブ!サンシャイン!!)・虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会・Liella!(ラブライブ!スーパースター!!)・蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ

THE IDOLM@STER™& ©BNEI©2017 PL!S ©2022 PL!N ©2022 PL!SP ©PL!HS